オペル撤退ねぇ

致し方無いんじゃないでしょうか。
日本市場で取り立てて発揮できる強みがあるとも思えませんし。
何つったって、地味、だもんね。といって高級感とか言うわけでもないし。
しかし、サターンっていつの間に撤退してたのかしら。あれも、これといってアピールすべき点が無い車だったなぁ。



"「オペル」日本撤退 米GM 販売事業、年内に
FujiSankei Business i. 2006/5/9  TrackBack( 0 )

Click here to find out more!
 経営不振に陥っている世界最大の自動車メーカー、米ゼネラル・モーターズ(GM)は八日、日本国内で輸入販売している「オペル」ブランド車の販売事業から年内に撤退すると発表した。

 国内販売がピーク時の十七分の一まで落ち込んでいるうえ、為替が円安ユーロ高で推移していることから収益改善が困難と判断した。ただ、ブランド撤退後も、オペル車の修理部品などの輸入販売は継続する。今後、国内ブランドはキャデラック、サーブ、ハマー、シボレーの四ブランドに特化する。

 オペルブランドは、輸入車販売大手のヤナセを通じて一九九三年から国内で本格展開し、現在はザフィーラ、アストラ、ベクトラの三車種を扱っている。国内販売は輸入車ブームに支えられ九六年には約三万台に達したが、他の輸入車メーカーとの競争激化に伴い二〇〇五年には一千七百九十六台まで販売が急落。また販売価格が他のGMブランドに比べ二百万円安い三百万円前後が主力のため収益率が低く、「為替変動の影響を受けやすいことから、(ブランドを)終了せざるを得ない」(GM・アジア・パシフィック・ジャパンのアントニオ・ザーラ社長)と判断した。GMが国内市場から撤退するブランドは〇一年の「サターン」に次いで二ブランド目となる。オペル撤退に伴い、同ブランドを扱う国内の販売ディーラー五十八拠点(うち独立系六拠点、ヤナセ五十二拠点)は順次、キャデラックやサーブを核とした他のGMブランド販売店への移行を検討する。"
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200605090016a.nwc
[PR]

  by mtack | 2006-05-09 20:56 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 陰謀と感じずにはいられない 作品は、要約できるようなものではない >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE