佳い感じだったんじゃないでしょうか、日本独逸戦

<サッカー>日本、開催国ドイツと引き分け 高原2得点 | Excite エキサイト : ニュース

日本では未明でしたが(生中継あり?)、こちらではゴールデン(pm8~)にやってましたから、必然的?に見ましたよ。
普段自分サッカー見ないんで佳く解りませんが、昨日のは結構楽しめましたね。
高原は移籍が決まった途端に活躍しやがって.....裏切り者め(爆)。今後のこともあるから活躍しないわけには行かない、のは理解できるんですが、そこで活躍できる勝負強さがあるなら、今までのは.....?
これもファーストクラス効果でしょうか(謎笑)。



"<サッカー>日本、開催国ドイツと引き分け 高原2得点 [ 05月31日 07時10分 ]
毎日新聞社
 サッカーの日本代表は30日午後8時半(日本時間31日午前3時半)、ドイツのレバークーゼンでワールドカップ(W杯)開催国のドイツ代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。日本は後半12分、同20分に高原が連続得点を挙げたが、その後2失点し、惜しくも勝利を逃した。 

 日本の布陣は3―5―2。中田英、福西がボランチに入り、トップ下には中村、2トップには柳沢と高原が先発した。ドイツは4―4―2で、負傷で出場が微妙だった大黒柱のバラックも試合開始からピッチに立った。

 試合は立ち上がりからドイツが支配した。球際の強さを生かしてボールを奪い、早いパスまわしで日本に囲い込みを許さず、何度もゴール前まで押し込んだ。しかし、日本はDF陣が落ち着いた対処でシュートに持ち込ませず、カウンターに近い形から反撃。前半13分には、ペナルティーエリア内で柳沢からパスを受けた中田英が左足でシュート。同16分にも、中村から好パスを受けた柳沢がシュートを放つなど、得点の予感を感じさせる攻撃をみせた。

 両チーム無得点で迎えた後半、日本は試合を組み立てる中田英や中村が大きなサイドチェンジを多用し、負傷退場した加地に代わって出場した駒野らの攻撃参加からクロスボールにつながる攻撃が増加。後半8分、流れるようなパス交換から高原が左サイドを抜け、パスを受けた柳沢がシュートを放った。同12分、中村が巧みなボールキープから柳沢へパスを送り、柳沢が最終ラインの裏を狙った高原に絶妙なパスを通すと、高原が落ち着いてシュートを決め、日本が先制した。同20分にも、ペナルティーエリア手前でボールを受けた高原が強引な突破から右足でシュートを決め、点差を2点に広げた。

 しかし、地元で負けられないドイツは、持ち前の勝負への執念を発揮し、同31分にクローゼ、同35分にシュバインシュタイガーがセットプレーからそれぞれ得点を挙げ、試合は振り出しに。一進一退の攻防の中、日本は、中田英の絶妙なパスから交代出場の大黒がシュートを放つなど、何度か決定的な場面を作ったが、ドイツGKレーマンの好守もあり、惜しくも勝利は挙げられなかった。

■引き分けも「この時期にしてはいい内容」

 ▽ジーコ監督 大切な試合だったが、いい結果だし、内容もこの時期にしてはよかったと思う。(高原の2得点については)オーストラリア戦に向けてよくなっており、1点目は連係のよさから、2点目は個人技から奪った。マルタ戦では、この試合でできなかったことを試し、オーストラリアとの初戦に向けていい準備をしたい。【デジタルメディア局】
"
http://www.excite.co.jp/News/sports/20060531071000/20060531E50.006.html
[PR]

  by mtack | 2006-05-31 15:35 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< LLPってなんだ 偏食×喫煙=...........? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE