わかりやすさとローカル語

説明をわかりやすくするためには、相手のボキャブラリーに合わせて話す、
というのをどこかで読んだ。
これが考慮されずに、ローカル語(たとえば社内だけで通じる社内語とか専門用語とか、果ては隠語とか)で説明されてしまう、と、聞いてる方は何だかサッパリ解らない。身内同士ならそのほうが話が早いが、新入りなどは先ずそういうローカル語彙を身につけならなければならない。特に「通常(世間での意味)と違う意味を持つローカル語」というのが曲者。
そういえば自分が引継ぎを受けたときは........何ヶ月かの間、一言も理解できなかったなぁ(一応日本語で、ですよ!)。さらにいえば、英語で説明されたほうがまだ解り易かった、語彙(特に専門用語)はその方が逆に解るからね、お互い外国語だし。




  generated by


[PR]

  by mtack | 2006-06-02 17:52 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 予算管理をどうにかしたい LLPってなんだ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE