予算管理をどうにかしたい

たまには業務日誌みたいなことも書くか。

予算管理用レポート。予算残高を管理するんだが、対象が常に複数年度にわたっているところが面倒くさい。
 いまどき、紙の帳票数百ページなんて、見るのもイヤだ、その上1つ1つ数値拾って集計して、さらに残高に応じて異なる処理をしなきゃいかんと来てる。
いつかどうにかしてくれようぞと思い続けて、
しかしそのデータのダメさ加減(データの持ち方がやたら複雑で、紙への抽出条件がまた不可解)故に長らく腰が引けていたのだが、
今週はまとまった時間が取れたので、IT部門の物好きな人(全然担当外なんだが関心を示してくれた)に協力を依頼。
先ずとにかく全部PCに落としてしまう。ごみデータの峻別。大体の法則性が見える。ここまでで1日。
ごみデータを省いてPCに落とす。まだ残高が全然正しくない。抽出条件の見直し。このループで約2日。
ほぼ正しくなってきたが、どうにもおかしいのがいくつかある。よくよく見ると、記帳自体が間違っていて、しかもその間違いが紙への抽出条件をかいくぐって埋もれるようになっている。つまり現行のデータもレポートも誤りを含んでいる。これの解明に1日。もうここまでくればあとは変なデータをどう処理するかだけだ、それは他者の手を煩わせないでも自分で出来る。ちゃんとしたデータが秩序を持って手元に(つまりクライアントPCに)得られれば、後は何とでもなる。
一晩放っておいたら、朝起きたらいいアイデアが出た。早速実行。一応過去データなので、過去の決算数値にはもちろん影響させないように、補助簿への影響だけ変更するように。
ちょうど1週間で終わった。今のところはうまく行っているように見える。
やはりローカル語はアテにならん(<-意味ワカランでしょうが、判るように書く訳にもイカンので:顔バレ無しって事で書いてるんでね)。



  generated by


[PR]

  by mtack | 2006-06-03 00:52 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 曲名を連呼する歌詞、大嫌いです。 わかりやすさとローカル語 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE