やっとガレバンに手を付けた

ガレバンって何、とお思いのwinユーザさん、疑問はごもっとも。
いまのMacに標準で付いてくるGarageBandと言う簡易音楽作成ソフトなんですが、自分もいまのMacを買ってから全然触ってなかった。
きょうちょっとベースラインが浮かんだので、BIABでも佳かったんだけど、攻略本も取り寄せたことだし、せっかくだからちょっと触ってみる。
まずベースラインを入れる。これはqwertyキーボードでリアルタイム演奏。ひょっとしたらステップ入力も出来るのかも知れないけど今のところその方法が判明していないのでやむなく。当然デュレーションはガタガタなのでクオンタイズ的なことをする。何となく出来た。
あとはサンプリング音源のドラムとかギターとかエレピとかと、midi音源的な(リアル音源っつったかな)シンセをかぶせる。既存のパターンをドラッグするだけなので簡単と言えば簡単だが、イメージに合うパターンを探すのに一苦労。ギターは半拍ずらすとか適当に弄り回して一応それらしくする。既存のパターンというのは当然キーが決まっているのだが(例外有り)、それと異なるキーに適用したい場合はどうすれば佳いんだろうか。midi音源的なものはエディット出来るのでまぁ問題無い、サンプリング音源は自動でキーを合わせたりしてくれるんだろうか。とにかく入れてみて結果がオーライなものを選んで当てはめていく。
なんかオケは出来た。メロディはまだ無い。midiファイルのインポートは出来るらしいので、メロディはそれで足すとしよう。
取り敢えず各音源のクオリティは佳いので、仕上がりはBIABより小綺麗ではある、ただし4beatとかには対応できるんだろうか。
[PR]

  by mtack | 2006-06-11 02:10 | musik

    zum Rangordnung    

<< 不眠は経済的損失 ゴミを峻別するのはやはり人手か >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE