どうやら使えるようになりました、iPod+FMトランスミッタ

四苦八苦いたしましたが、どうやら使えるようになりました、車内で。

ポイントは、

  1. 周波数帯の選び方(いかに空いているところを探すか)

  2. 周波数の設定操作(オートサーチじゃダメみたい、手で周波数を決め打ちしないと)

みたいです。

あと、同じ周波数でも日によって受信状態が違うみたい(いまのところ、悪いときでも「ちょっとノイズ混じるな」位で済んでますが)。その辺は所詮FMなので寛容に接しなければならないんでしょう。佳いときは佳いですよ、FM放送並みっつっても放送局が至近距離にあるわけで、並みのFM放送(?)よりも多少佳いんではないかと。それでも元のカーステのCDプレイヤーより佳いみたい(泣笑)。



カワグツさん、bitubo93さん、コメント多謝です。


  generated by


[PR]

  by mtack | 2006-06-20 15:52 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 弦の間隔、あるいは指板の幅 について iPod用にFMトランスミッタ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE