"歌の無い歌謡曲"問題

某所への書き込みなんですが、余りに元記事と関係なかったことへの反省の意味も込め(謎)、および記録の意味でここにも転載。

自分は「"歌の無い歌謡曲(昔そういうAMラジオ番組があった)"問題」と呼んでるんですが、何かというと、
 特に既存の曲(歌モノ)を自分のバンド用にアレンジするときに
いわゆるBGM(これではないよ)になってしまう現象。
歌メロを単に追っただけだとこれになりやすい。特に、原曲のメロディが単調な場合。 歌なら歌詞とかコブシとかがあるからそれでも許されても、それを「ただ」楽器で演ってしまうと、どうにもBGM感が拭えなくなる。
かつて、主に既存曲をアレンジして演っていた頃(=Gil Evansを強烈に意識していた頃)は一番留意していましたね。ロックやらポップスやらの曲も結構やったんですが、とにかく歌を抜いてガイドメロディをつけただけのすなわち「カラオケ」みたいにならないように、徹底的に配慮しましたよ。要するに、なるべく抽象化するというか。

最近(でもないか)だと、ジョシュアレッドマンがL.ツェッペリンの「the crunge」をやってるのとか、クリスチャンマクブライドがスティーリーダンの「Aja」をやってるのとかを聴きましたが、この意味では(あくまでアレンジ面、演奏全体のクオリティは別)まだ甘いなと思いました(笑)。

自分が「the crunge」をやったときは、思い切ってメロディは皆無にしてしまいました。他にもL.ツェッペリンの曲は何曲かやった(つまりインストでplays Zeppelinをやった)んですが、譜面ヅラは原形を留めてないですね、でも原曲を知ってる人が聴けば分かる(はず)、というように心がけました。
「Aja」の場合、歌は結構ちゃんとメロがあるんでそこは佳いんですが、自分はあの曲のサックスソロ部分の裏で演ってるキメが余りに単調なのがキライで、ま自分にとってはこの問題の延長線上な訳で、じゃどうするかというと今のところkeine Idee(no idea)なんですが(汗)。

最近はスタンダードとかコピー曲を「ただ」演ったり(反省)、或いはオリジナルを書いたりすることの方が多いので、こういうこととは無縁だったですが。と言うかやはり意識にはおいとくべきだろうかな。ある意味自分のアイデンティティに関わることだし。


  generated by


[PR]

  by mtack | 2006-06-25 01:54 | musik

    zum Rangordnung    

<< えー、Stuttgartの感想... やはり伯剌西爾は強かった >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE