2回目公演

そんな訳で久々に演奏してきました。
一応身内じゃない客も少数居たので佳しとしようか。
曲目は下記;
Cantalope island
Moritat
St. Thomas
what's new
on green dolphine street
my favorite things
+ isn't she lovely

今回からベース入り、本人の精進により4beatも結構取り入れつつある。だいぶジャズらしくなった、と思う。前回より客受けは佳かった、と思う。
なんか余り詳細を書く気にならんなぁ、というかまだ録音聴いてないし。とりあえずこれで。

そういえば、昨日は13時過ぎに会場入り/2時間くらいかけて楽器搬入〜設置(1人増えて前回と同じ設置には出来ないため結構手間取った)/ちょっと音合わせその他諸々で16:30に準備完了/出番は21時。どうしようか。
、←この「どうしようか」感を久々に味わった。東京でライブやってるときはよくそういうことあったが、でもヒマつぶすところはいくらでもある。こちらには余り無いのよそういうところが。他のメンバーはみんな一旦家帰っちゃうし、自分はそれかったるいし。一人で茶シバイてもしょうがないし。
とりあえずCD見に行って、Paul Motian(Joshua Redman入り)でも買おうかと思ったけど何となく保留。ヒマが潰れないので店に戻り(開店は18時だがまだ間がある)、とりあえず入れて貰い、LCCの本を久々に読む。11tone-orderのchordmodeを作るには11番目のtone-orderのp4は必須、12番目のtone-orderは不可(なお11音音階にする必要はない)。当たり前なんだけど、モード旋法全般で特性音(コーダルで言うavoid note)を入れなきゃイカン、と言うのに似てるなというかその元祖はこれかしら、なんて思ったり。
そうこうするとぽつぽつメンバー集まる、家族帯同。子供混じりで夕飯(自分は子供居ないが)、そうすると何となくテンション上がらん、単に和んでしまい呑み会になりつつある、と言うところで演りに出ていった訳ですけどね。
そういえば昔は演奏前は呑まないようにしてたなぁ、何やってるかワカランくなるという理由で。それを克服したのかというと、昨日も何やってるかワカランくなったンですがね。きっとこっちのジャムセッション時に呑まない訳に行かない(Entritt frei入場無料で、とは言え何も頼まないのも気が引ける、でも食べ物メニューは皆無)、からであろうか。
[PR]

  by mtack | 2006-07-23 18:19 | musik

    zum Rangordnung    

<< Secrets / Allan... しかし暑い、aber heiss! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE