最近F1観てないなぁ。

F1通信:ロイターのドイツGPチーム別分析

Schumi勝ったり、バトンが入賞したり、一応新味があったようですね。SAは新型投入したけどリタイヤかぁ。
......最近、F1の週は全部出勤してる気がする。う〜む。



F1通信:ロイターのドイツGPチーム別分析
"ロイターのドイツGPチーム別分析
+関連記事
2006年07月30日
第12戦ドイツGP決勝 佐藤琢磨リタイヤ優勝はミハエル


ドイツGPチーム別分析
German Grand Prix team by team: Reuters.co.uk
30日ドイツGPのチーム別分析(チームはチャンピオンシップ順)

- - - -
ルノー(フェルナンド・アロンソ:5位、ジャンカルロ・フィジケラ:6位)
アロンソはタイヤのブリスタリングにより今シーズン2度目の最低成績。フェラーリのペースについていけなかった。

- - - -
フェラーリ(ミハエル・シューマッハ:1位、フェリペ・マッサ:2位)
シューマッハは3連勝で今シーズン5勝目をあげ、タイトル・バトルを開始した。マッサは速そうだったが、忠実な脇役に徹した。3戦して2度目の1-2フィニッシュがフェラーリの好調ぶりを示している。

- - - -
マクラーレン(キミ・ライコネン:3位、ペドロ・デ・ラ・ロサ:リタイヤ)
ライコネンはホッケンハイム・サーキット6戦目にして初めて完走し、ホッケンハイムのジンクスを終わらせた。離脱したファン・パブロ・モントーヤの代役デ・ラ・ロサは、3周目に燃料ポンプの機械的故障によりリタイヤ。

- - - -
ホンダ(ジェンソン・バトン:4位、ルーベンス・バリチェロ:リタイヤ)
バトンはしばらく3位を走っていたが、終盤にライコネンに抜かれた。バリチェロは18周目にエンジンブローでリタイヤ。

- - - -
トヨタ(ヤルノ・トゥルーリ:7位、ラルフ・シューマッハ:9位)
トゥルーリは20番スタートから2ポイント獲得の健闘。ラルフは予選でデ・ラ・ロサと接触し、決勝でも1周目の第3コーナーでレッドブルのクルサードと衝突するなど、お粗末な週末に終わった。

- - - -
BMWザウバー(ジャック・ヴィルヌーヴ:リタイヤ、ニック・ハイドフェルド:リタイヤ)
ハイドフェルドはスタート時のチームメイト、ヴィルヌーヴとの衝突で受けたリアブレーキの破損のため10周でリタイヤ。ヴィルヌーヴは衝突のあとピットに戻って新しいフロントウィングをつけたが、レース中盤前に障壁にクラッシュ。

- - - -
レッドブル(クリスチャン・クリエン:8位、デイヴィッド・クルサード:11位)
クルサードは10番スタートで11位フィニッシュ。クリエンはトラブルなく走り、今シーズン2回目のポイント獲得。

- - - -
ウィリアムズ(ニコ・ロズベルグ:リタイヤ、マーク・ウェバー:リタイヤ)
ウェバーは一時3位を走っており、5位フィニッシュを目指していたが、水漏れのためエンジンがオーバーヒートした。ロズベルグは1周目にクラッシュ。

- - - -
トロ・ロッソ(ヴィタントニオ・リウッツィ:10位、スコット・スピード:12位)
スピードは大きなオーバーステアと、終盤のブレーキ・トラブルについて不平を述べている。リウッツィはグリッド後方スタートから10位フィニッシュに満足。

- - - -
ミッドランド(クリスチャン・アルバース:失格、ティアゴ・モンテイロ:失格)
ミッドランドは、リア・ウィングが違法にフレキシブルであるとして失格となった。

- - - -
スーパーアグリ(佐藤琢磨:リタイヤ、山本左近:リタイヤ)
スーパーアグリは初めて新マシンで出走。山本はピットレーンからのスタートだったが、ドライブ・シャフトの故障で1周目にリタイヤ。佐藤はギアボックスのオイル漏れのため38周でリタイヤ。"
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/50660844.html
[PR]

  by mtack | 2006-08-01 03:14 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 秋にも「工程表」策定、って LastFM......... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE