速いからまだ佳いようなものの

Nifty F1-06: ライコネン、パスポート紛失の失態

これで速くなかったら、タダの酔っぱらいじゃないですか(謎笑)。



ライコネン、パスポート紛失の失態

独『ヴェルト・サンタグ』紙が報じたところによれば、マクラーレン・チームのキミ・ライコネン(26歳:フィンランド)が、財布を紛失するという失態を演じていたということだ。
Kimi Raikkonen (C)McLaren Group
拡大します
これは、先のハンガリーGP後にレッドブルが主催したパーティに出席した時のことということで、例によって飲み過ぎてしまった結果のことらしい。
財布の中には現金(7,500ドル:約86万円)だけでなく、運転免許証や身分証明書、さらにはパスポートも入っていたということで、記事では「翌日ライコネンがハンガリーから出国する際にさぞ困ったことだろう」と、書いている。

ライコネンはこれまで度々飲んでの醜態を重ねているが、こうした不祥事はドライバーにも紳士であることを要求するロン・デニス代表の最も嫌うこと。
ただし周囲によれば、「すでにフェラーリとサイン済みだから問題ない」のだとか。
[PR]

  by mtack | 2006-08-22 06:53 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 印度人諦めない ドイツ財政赤字、対GDP比3%... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE