§代理コードの基本


代理コード というのは殆ど無限にあると言って良いのですが、
ここではその基本を押さえましょう。

主要3和音のうち、
トニックとドミナントは前に説明しました。
主要3和音のもうひとつがサブドミナントです。
サブドミナントは、
トニック(「落ち着き」「解放」「解決」「弛緩」)とドミナント(「緊張」)の
中間の性格(「発展」「外向的」)を持つといわれます。

主要3和音による進行は
F -G7 ->C、すなわちVI -V7 -I。
これを4声にすると
Dm7-G7 -Cmaj7(またはC6)、すなわちIIm7 -V7 -Imaj7(またはI6)。


ジャズではいろいろなコードが出てくるわけですが、
それらの多くはこの3種類の「代理」として扱われます。
共通の構成音を持っていれば性格(「機能」とも言います)も似ている。
つまり、さまざまなコードのうちの多くは
主要3和音に集約して考えることができます。


ではどのように「代理」されるか。

例によってkey in Cで。

トニック
:CmajC,E,G
(Cmaj7C,E,G,B)
(C6 C,E,G,A)

Am7A,C,E
Em7E,G,B
F#m7-5 F#,A,C,E ※

Imaj(Imaj7,I6)<=VIm7,IIIm7,#IVm7-5

ドミナント
G7G,B,D,F

Bm7-5B,D,F,A
Db7Db,F,Ab,B ※

V7<=VIIm7-5,bII7

サブドミナント
FmajF,A,C
(Fmaj7 F,A,C,E)
Dm7D,F,A,C

IVmaj <=IIm7


それぞれの代理コードについて、
元のコードとどこがどう似ているのか
を味わってください。

なお、上記のうち※を付したものは
ダイアトニックコードではありませんが、
あえて載せました。
特に
Db7が何故G7の代理なのか(何故G7とDb7が同じ性格を持つのか)、どこがどう似ているのか
は重要です。
この理由はすでに説明した中に書いてあります。

では、この理由;
Db7が何故G7の代理なのか(何故G7とDb7が同じ性格を持つのか)、どこがどう似ているのか
を宿題にしましょう。
[PR]

  by mtack | 2005-12-17 05:24 | musik

    zum Rangordnung    

<< 名指し非難の是非、が論点なんだろうか 晩婚・晩産化と少子化は別の問題... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE