§短調のドミナントモーション、及び短音階の種類

短調のドミナントモーション、及び短音階の種類

ドミナントモーション(5度進行或いは4度進行)の話はX7のところでやりました。そのときは長音階を基礎にしていました。

ジャズではこれを拡張して用いることがしばしばあります。

II-V-Iのしくみは理解できたとして、
この「I」の部分は、由来はImajなのですが他のコードタイプについても用いられます。


先ずは、短調での基本3和音への応用。
この場合、元となる音階は短音階です。
key=Cmならば
C natural minor scale(ハ短調;自然短音階)
C D Eb F G Ab Bb (ド/レ/ミb/ファ/ソ/ラb/シb)
を土台として、各度数に対応して和音が形成されていきます。

IIはD F Ab C =Dm7b5(レ/ファ/ラb/ド)となり、IIm7b5となります。なおこれは、IVm(key=Cmならば Fm= ファ/ラb/ド)の代理和音です。

Vはどうでしょうか。

C natural minor scale上で、Vの音から3度ずつ積んでいくと
G Bb D F =Gm7となります。Vm7ですね。
これでも悪くはないのですが、Cm、即ちIm(トニックマイナー)への解決感が不十分です(この感じを弾いて確かめてください。)。


ここで、確実な ドミナントモーション、即ちトニックマイナーへの解決感 を得るために、次のような音階を導入します;

C harmonic minor scale(ハ短調;和声的短音階)
C D Eb F G Ab B (ド/レ/ミb/ファ/ソ/ラb/シ)

第7音が主音(オクターヴ上)と半音、
第6音と第7音が3半音
の間隔になっているのが特徴です。これについては更に後述します。

さて、このharmonic minor scale(和声的短音階)に基づいてVの和音を作るとどうなるでしょうか;
G B D F (ソ/シ/レ/ファ)=G7。
れっきとしたドミナント7thコードが得られました。

また、トニックマイナーも
C Eb G B (ド/ミb/ソ/シ) Cmmaj7(CmM7)
となります。なお、この「maj7」「M7」は、メジャーコードではなく、「長7度を含んだ和音」と言うことを表しています。コードタイプは「maj7」「M7」より前に(左に)示された「m(マイナー)」に表されています。

かくして、短調でのドミナントモーションの基本形が得られました。
IIm7b5-V7-Im(Immaj7)
key=Cmなら Dm7b5 G7 Cm(Cmmaj7)

IIm7b5の5度の音が変化していることに改めて注意してください。
(これも弾いて感じを確かめてください;先ほどの「IIm7b5-Vm-Im」とどう違うか。)


また、このDm7b5(IIm7b5)の「b5」を強調するため、或いは和声の流れをスムースにするために、同じ音をV7にも付加して共有する、と言うことがしばしば行われます。即ちkey=CmならAbの音です。すると以下のようになります;

IIm7b5-V7b9-Im(Immaj7)
key=Cmなら Dm7b5 G7b9 Cm(Cmmaj7)

G7b9と言う5声のコードが出来ました。コードタイプに9以上の数字が出てくるのはここでは初めてなので、簡単に説明しておきます。

4声の和声は音階上の音を3度づつ積んでいきました。すると出来た和音は1オクターブ内で収まります。ここまでの範疇(3声および4声)がコードタイプの基本形とされています。

ジャズではそれ以上積んでいくことも可能とされます。ただしすると出来た和音は1オクターブ内で収まらなくなります。そのときの度数は引き続いて1オクターブ上の音階上で8度(ド)、9度(レ)、...........、13度(ラ)まで続きます(なぜラ迄で終わってしまうのか、は自分でちょっと考えてみてください)。この、1オクターブ内で収まらなくなった構成音、即ち9度以上のコードの構成音、を「テンション・ノート(tension note)」または略して「テンション(tension)」と呼びます。「テンション(tension)」とは「緊張」とか言う意味です、コードの響きに緊張を付加する音、と言うことです。

前述のように、3声および4声がコードタイプの基本形なのですが、これに更に
おまけとして「彩りを加える」目的でテンションノートが用いられます。
もちろん、上記の"短調でのV7コード"以外にもテンションノートは用いられますが、その話はいずれ別に取り上げます。

さて、先ほどのharmonic minor scale(和声的短音階)は第6音と第7音が3半音の間隔になっていました。

これだと、歌い手にとってメロディーが歌いにくい、と言う問題が生じます。それ以外の楽器でも自然なメロディーが作りにくい、と言えます。
そこで更に、次のような音階も生まれました。

C melodic minor scale(ハ短調;旋律的短音階)
C D Eb F G A B (ド/レ/ミb/ファ/ソ/ラ/シ)

なんだか大分長音階に近くなってきましたが、第3音が短3度になっているというのが短音階の定義と言うことで、これも広く用いられています。これに基づいてドミナントモーションを作ると、以下のようになります;
IIm7b5-V7-Im(Immaj7またはIm6)
key=Cmなら Dm7-G7-Cm(Cmmaj7またはCm6)

音階の第6音が長6度なので、IIm7の5度は変音しません(和声的短音階との差を自分で確かめてください)。この意味でも長音階(におけるドミナントモーション)に近いと言えます。しかしこれはあくまで短調でのドミナントモーションです。

X7コードの機能のときに、

ファがミヘ、シがドヘ 進行することによって
減5度(或いは増4度、三全音)という不安定な音程から 長3度という安定な音程差に移ることで

「解決する」

という話をしました。

この短調のドミナントモーションでは

ファがミbヘ、シがドヘ 進行することによって
減5度から 短3度という音程差に移るということで

「解決する」感じがやや弱いですが、

それでも広く用いられています。

それは、長調での「II-V-I」の動き(コード進行、特にそのルートの動き)を同名調(ハ長調->ハ短調)の短調に援用している、といえます。すなわち、

*根音の動きが同じ
*いずれもV7を用いた進行である

という点で特徴を共有している、そのために、行き先が短調(或いはマイナーコード)でも援用が可能、とされています。


このような「援用」は、まだまだ他にもあります。それは次節以降に。

但し、そうした「援用」をするためには、この「短調のドミナントモーション」が不可欠である、ということを頭の隅において置いてください。


また、ある和音(ここではV7)を得るために、新たに音階(harmonic minor scale)を設定する、という作業が行われました。このように、和音(コード)と音階(scale:スケール)は不可分である、ということも覚えておいてください。









1)

12のキーすべてで、短調の「II-V-I」を書きなさい。

その際、コードネームは4声のものを書くこと。また、五度圏(cycle of 5th)に沿って書き(左回り)、調号(そのキーの#/bの数)も書くこと。


2)

12のキーすべてで、3種類の短音階

natural minor scale(自然短音階)
harmonic minor scale(和声的短音階)
melodic minor scale(旋律的短音階)

を書きなさい(音名と五線譜の両方で)。

その際、キーの順序は(1)と同じ順序で書き、調号(そのキーの#/bの数)も書くこと。また、必要に応じ臨時記号も記入すること。
[PR]

  by mtack | 2005-12-23 05:41 | musik

    zum Rangordnung    

<< §ケーデンス(cadence)... これでクビになる閣僚は出ないのか? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE