北朝鮮がドアに突っ込んだ顔は偽札で精算するのか

<紙幣偽造>北朝鮮「一部勢力が関与」認める姿勢に転換  | エキサイトニュース

こういうの、ドアインザフェイスっていうんですかね。とりあえず自分の要求を全部(あるいはそれ以上)言っておいて、徐々に妥結に向かおうとする、という。
しかし、日本相手ならうまくいくかもしれませんが(泣)、
米国相手じゃぁどうかなぁ。

本題とは関係ありませんが、最近「北朝鮮=朝鮮民主主義人民共和国」って言い方しなくてもよくなったんですか報道機関的には?



<紙幣偽造>北朝鮮「一部勢力が関与」認める姿勢に転換  [ 11月01日 15時09分 ]
毎日新聞社
 【北京・西岡省二】核問題解決を目指す6カ国協議への復帰を決めた北朝鮮が、米国の金融制裁の原因となった紙幣偽造問題について「一部勢力に限定して関与を認める」姿勢を見せていることが1日、6カ国協議関係筋の話で分かった。しかし、北朝鮮は引き続き国家的関与は否定する構えだ。

 米国が昨年9月に取った金融制裁措置は、最高指導者の金正日(キムジョンイル)総書記や側近の資金源を封じ込め、北朝鮮全体を圧迫している。

 北朝鮮はミサイル発射実験(今年7月)、核実験(10月9日)と危機をあおって米国に解除を求めたが米側は譲歩せず、逆に北朝鮮が国を挙げて米ドル紙幣の偽札「スーパーノート」製造に関与していると認定するなど圧力を強めている。

 関係筋によると、次回6カ国協議の枠内で開かれる金融制裁の作業部会で北朝鮮は、紙幣偽造への一部勢力の関与を一定範囲で認めながら、国家的関与を否定する公算が大きいという。北朝鮮は一部勢力の処罰を表明し、米側の軟化を図ることが予想されている。

 関係筋は「北朝鮮がかつて日本人拉致を認めたように、紙幣偽造でも態度を180度転換させ、一部の責任にしたうえで問題解決を図ろうとしている」と指摘。その半面「米国は紙幣偽造の原因の徹底究明を突きつけることが予想され、北朝鮮の思惑通りに事態が展開する可能性は低い」と見ている。
[PR]

  by mtack | 2006-11-01 16:47 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 離婚すると市場価値が上がる 米フェンダー社 還暦 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE