離婚すると市場価値が上がる

離婚の“市場効果”は1億円超!竹内結子にCMオファー殺到 | エキサイトニュース

...........良いんだか悪いんだか。



離婚の“市場効果”は1億円超!竹内結子にCMオファー殺到 [ 11月02日 08時05分 ]
サンケイスポーツ

 女優、竹内結子(26)がCM業界からも熱いまなざしを向けられている。マイナスイメージに見られがちな離婚だが、竹内の場合は原因が獅童サイドにあり、「前向きに生きる女性」の代表として女性の支持を集めると予想されるからだ。1本5000万円とも言われるCM契約のオファーがすでに複数寄せられており、離婚の“市場効果”はそれだけでも1億円を突破した。

 女優に本格復帰し独身に戻る竹内をCM業界が放っておくはずがない。

 7月に夫、獅童が酒気帯び運転、10月には獅童と高岡早紀の密会が発覚するなど、妻の竹内にとって悩み多い報道が相次いだ。にもかかわらず、同時期に所属事務所へ複数のCMオファーが舞い込んでいる。

 広告代理店関係者は「もともと家庭や生活感を感じさせない女優だったことを考えると、離婚がもめることなくスムーズに進めば、竹内さんのイメージはほとんど傷つきません」と予測。「むしろ、素早く離婚を決断した潔さ、これからシングルマザーとして前向きに生きる力強さが、幅広い女性層から支持され、CM需要は増えるはず。離婚自体が彼女の活動の追い風になるのでは」と期待を寄せる。

 竹内は現在、資生堂「TSUBAKI」をはじめ、森永製菓、JOMO、JR西日本の4本のCMに出演中だが、結婚前に比べて明らかに本数をセーブしていた。出産や子育てなどでスケジュールが取れなかったことが原因で、事務所では殺到するオファーに応えるべく、本数を増やす方向で本人やクライアントと話し合っていた。

 現在、彼女のCM単価は年契約で推定5000万円とも言われる。今回、複数のCMが新たに内定したことを考えると、少なく見積もっても1億円以上の契約が結ばれることになる。さらに、離婚を契機にCM契約が増えることは確実で“市場効果”はそれ以上に膨れ上がる計算だ。

 飯島直子や安室奈美恵が離婚した際にも、CMオファーが殺到した。CM業界で新たな争奪戦が始まったといえそうだ。
[PR]

  by mtack | 2006-11-02 16:49 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< ソフトバンク的には大成功、か 北朝鮮がドアに突っ込んだ顔は偽... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE