新Officeはパソコン・ソフトではないそうです

【インタビュー】新Officeはパソコン・ソフトではない:日経パソコンオンライン

.....意味判る方は教えてください。



【インタビュー】新Officeはパソコン・ソフトではない
米マイクロソフトのOffice製品責任者が明かす本当の狙い

[11月8日]

 当たり前だが,マイクロソフトのOfficeはパソコン・ソフトである。ところが,米マイクロソフトはもはやそう考えていない。新バージョンを「2007 Office System」という名前にして,わざわざSystemという言葉を付けたくらいである。それではSystemとはなんだろうか。大企業の奥の院で密かに開発される難しい代物か。米マイクロソフトでOffice Systemの責任者を務めるクリス・カポセラ氏に,「Systemとは何か」,素朴な疑問をぶつけてみた。
(聞き手は高下 義弘,中田 敦=ITpro)


なぜわざわざSystemと銘打ったのですか。

米マイクロソフト:クリス・カポセラ氏(撮影:いずもと けい)
 まず,新しいOffice Systemに込めた我々の思いをお話したいと思います。人々のワークスタイル,働き方は,時間とともに変わっていますね。ここへ来て,さらに大きな変化が見られます。まず,企業の枠を越えてコラボレート(協働)する必要性が,5年前と比べてはるかに高まったということです。企業同士もありますし,企業と社外の個人がコラボレーションする時代です。もう一つの変化は,パソコンやデジタル機器で扱えるデータが爆発的に増え,本当に必要な情報を探すのが難しくなっていることです。同時に,企業は情報の保護も迫られています。

 企業の枠や地理的な境界を越えてコラボレーションできる,そして自社や個人の機密を守れるようにする。これがオフィスソフトにとって重要なテーマだと考えました。そこで私たちは新しいOfficeを開発するに当たって,組織内で情報を共有するためのソフト「SharePoint Server」や,ピア・ツー・ピア・ソフトの「Groove」など,コラボレーションのための製品を用意しました。そこでSystemという名前を付けたのです。
インターネットの技術を取り入れたのもそのためですか。
 技術に関して,我々は今,大きな新潮流に遭遇しています。コラボレーションを実現する「コンシューマ・テクノロジー(消費者向け技術)」の登場です。IM(インスタント・メッセンジャー),ブログ,Wiki,RSS。いずれもインターネット上で広く受け容れられるようになったコンシューマ・テクノロジーです。コンシューマはこうした技術を普通に使うようになっています。

 一連の技術は,企業の中,企業同士,あるいは企業と個人がコラボレーションするためにも使えます。もともと消費者向けに作られた技術ではありますが,企業も使い始めています。そうしないと,若い社員が企業に入ったとき,「なぜ,ブログやWikiを使えないのか!」と不満を感じてしまうでしょう。

 実際,企業は,新しいコラボレーション技術をうまく採り入れたいと考えるようになってきました。ですから,2007 Office Systemには,若い人たちがすでに個人として使っている技術を取り込みました。例えば,SharePointを使うと,社員にブログやWikiの環境を提供できます。社内でコミュニティ・グループを組むこともできます。いま米国で広まっているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「My Space.com」と同じことが企業内で可能になるのです。

 また,電子メールや個人情報を管理するソフトの「Outlook」にRSSリーダーを追加しました。自分の仕事に関係する情報が入っているWebサイトが更新されたとき,自動的に知らせてくれます。常にOutlookを開いていれば,いちいちWebページを開いて新着情報があるかどうかチェックしなくて済むわけです。

 このように新Officeは,新しいワークスタイルを可能にする仕組みを提供するものです。Office製品群という統一された土台の上で,様々なコラボレーションができ,しかも,誰がどんな情報を扱っているか,きちんと把握できるようになるのです。
便利になるような気もしますが,さらに機能が増え,かえって使いにくくなりませんか。
 正直申し上げて,多くの利用者から,「Officeの機能の数%しか活用していない」という意見をいただいておりました。そこで,Office Systemでは,「リボン」とよぶ,まったく新しいユーザー・インタフェースを取り入れました。利用者はリボンを使って,今までできないと思っていたことができるようになります。

 これは,エキサイティングなユーザー・インタフェースです。ほとんどのマスコミは,この新しいユーザー・インタフェースに関心があり,それについて書くと思います。それはその通りです。飛躍的な変化をとげますし,本当にエキサイティングですから。でも,2007 Office Systemによって新しいワークスタイルを可能にしたい,と我々が考えていることも強調したいのです。
[PR]

  by mtack | 2006-11-11 20:05 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< FのブルースにDbペンタトニック 使い捨て球団 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE