ユーロを導入したければ綴りは正しく

「ユーロを導入したければ綴りは正しく」欧州中央銀行 | エキサイトニュース
新EU加盟国がどのようにユーロ圏に加入していくべきかについての調査報告で、欧州中央銀行はラトビアがユーロ(euro)を「eiro」と綴り、ハンガリーが「o」に鋭アクセント記号を加えているのは容認できないとの見解を示した。


これちょっと面白い。
確かに加入国それぞれで発音はバラバラでしょうが
綴りは1種類だもんね。
さすがに発音を統一するのは無理かと存じますわな。

.....そうすると、キリル文字国はユーロ導入は出来なかったりして? (いや、実際のところはどうか知りませんが)



「ユーロを導入したければ綴りは正しく」欧州中央銀行 RSS RSSリーダーに登録
[ 2006年12月06日 01時38分 ]
欧州中央銀行は単一性を明確にすべく、ユーロの綴りを統一するよう呼びかけた (ロイター/Peter Macdiarmid PKM)

[フランクフルト 5日 ロイター] 「ユーロを導入したければ、正しく綴るように」-5日、欧州中央銀行は単一通貨ユーロの導入を希望している国々に向けて、メッセージを出した。

新EU加盟国がどのようにユーロ圏に加入していくべきかについての調査報告で、欧州中央銀行はラトビアがユーロ(euro)を「eiro」と綴り、ハンガリーが「o」に鋭アクセント記号を加えているのは容認できないとの見解を示した。
「ユーロは、それを採用した加盟国の単一通貨である。この単一性を明確にすべく、すべてのコミュニティおよび国家の立法上の条項において、ユーロの綴りがひとつであることを、EU法は求める」

ハンガリーとラトビアがこれに従わない場合、両国はユーロ圏への加入が禁じられるかもしれない。とはいえ両国は、インフレーションと政府借入金をユーロ圏規格内にするという、さらに大きな問題を抱えている。

欧州中央銀行はギリシャがユーロをギリシャ文字で綴ることは認めており、ギリシャ文字4つはユーロ紙幣上に表記もされている。
[PR]

  by mtack | 2006-12-08 20:39 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 今年も宴会で演奏2006 芸術に付加価値はないのか >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE