今年も宴会で演奏2006

去年同様、今年も演った、今回で4回目。経緯は去年とほぼ同様
ひとつ違うのは、今までの仕切り役が国外逃亡(強制送還とも言うかも)してしまったので、自分が仕切り役に任命されてしまったこと。これでJose面倒さが飛躍的に高まった、機材の手配やら選曲やら何やら。と言っても選曲には以前から関わっていたからこれは大差ないが、と言うか雑音が減ったのでw、ヴォーカルが歌えるかどうかを主に心配すればよい。
もう一点面倒な件、それはメンバーが飛躍的に増えたこと:
  • 去年=vo,sax,key(左手はベース兼任),g,ds
  • 今年=vo,sax,key×2,g×2,b,ds
ほぼ倍増(-1+4)、しかも鍵盤2人はクラシック上がりなのでコード譜とかよく分からん、即興も出来ん。bは本来ギター弾き。うーむ、準備メンドー。
で、選曲。本番は15分という事で、自分が候補にしたのが以下4曲;
「Street Life/The Crusaders」:1回目に演った「masquarade/George Benson」が佳かったのでそれに近い雰囲気の曲と言ったらこれになった、本当はもっと近い曲がいくらもあるはずと思いつつ。
「Tequila/Wes Montgomery」:いつもの如くの「ラテン風の曲がよい」と言う要望に合わせて、かつパーカッションが居なくても再現可能なもの、ということで。
「Mais Que Nada/Sergio Mendes」:たまたま買った「Keyboards」と言う雑誌(日本のキーボードマガジンに相当)にスコアが出ていたというのと、そう言えば最近ラジオで掛かってるなぁ、という理由で。
「Livin` La Vida Loca/Ricky Martin」:いわゆる郷ひろみの「ア、チ、チ」。メンバーの一人が郷ひろみ好きだという怪情報を元に。
で、ヴォーカル曰く「ロックも欲しい」「Street Life以外は歌えない」、でじゃぁ自分でも選べと言ったところ持ってきたのがシナトラの何とか言う曲とストーンズ。なんちゅう趣味かと思ったが、とにかくbrown sugerを採用。、かつStreet Life,Mais Que Nadaは譜面(リードシートだが)があるという理由で強制採用。これで決まりじゃ。
練習は思ったより捗った、前任のkeyは周りのテンポがどんなに変わってもメトロノーム的に絶対テンポを変えなかった(さすがエレクトーン出身)のでリズムを合わせるのに苦労したが、今回は「ドラマーが伸縮自在だから絶対それに合わせること、但しベースは曲の展開を先導すること」を徹底指導したのが奏功したのであろう。key2人にはピアノとそれ以外(ストリングス・ブラスセクションetc)に完全分業、したらほぼコピーしてきた。やるなぁ。street lifeは序盤のrubato部分は原曲が伸縮自在な上こっちも別の意味で伸縮自在、エントロピーが増大しすぎるので完全カット、インテンポの所からのみにし、かつソロも半コーラス×2に留める。
会場はball parkとある結婚式場みたいな所、ハードは(音がものすごくライブな他は)佳いのだが、PAスタッフが極悪。リハになって「key2台は置く場所がない」「DIは数がないからgには割り当てられない」などシロウト以下の言行、オマケにモニターからは最寄りの楽器しか返さない(各自自分の音しか聞こえない)。DIはとにかく用意させ(でないと自分の音が出ない)、舞台配置はこっちで勝手に変え対応させる。リハの時間終了と言われるがとにかくモニターだけはちゃんと返させるようにする。
本番は、各自ボロボロ間違えはしたものの一応曲の体裁は成す。客は割とちゃんと聴いていたように見えた。
で、終わった終わったと言って呑んでいたら、バンド名を呼ばれたので慌ててステージに上がる。何か2等賞になったらしい。ちなみに1等賞は「Die da!?!/Die Fantastischen Vier」の振り付きラップカラオケ。これは観ていて結構佳かったので良しとする。客も身内素人バンド演奏には飽きてるかも知らんしなぁ。
そう言えば、例年は終わった直後に来年の選曲会議(妄想とも言う)が始まるのだが今年はそれがなかった。そろそろ潮時かしら。


  generated by feedpath


[PR]

  by mtack | 2006-12-08 23:59 | musik

    zum Rangordnung    

<< 大人のジャズでR、か? ユーロを導入したければ綴りは正しく >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE