修行の人、桑田

まさに修行!桑田590万円からの出発…パ軍とマイナー契約合意 | エキサイトニュース

巨人に入ったときはダーティな感じでしたけどね。
いまや修行の身ですか。いや、他意はないです。



まさに修行!桑田590万円からの出発…パ軍とマイナー契約合意 [ 12月21日 08時05分 ]
サンケイスポーツ

 【ニューヨーク19日(日本時間20日)】米大リーグ、パイレーツは、巨人を退団した桑田真澄投手(38)とマイナー契約を結ぶことで合意したと発表した。春季キャンプには招待選手として参加し、年俸はわずか5万ドル(約590万円)。メジャー昇格を果たせば年俸は65万ドル(約7670万円)にハネ上がるが、文字通り原点からのスタートとなる。

 言葉通り桑田は「修行」に出るつもりなのかもしれない。パ軍が、桑田と入団で合意したことを正式発表。契約内容は、巨人時代とは比較にならないほど厳しいものであることが分かった。

 パ軍と桑田の間で合意に達したのは、マイナー契約の際にメジャー昇格時の年俸も明示される「スプリット契約」と呼ばれるものだ。ベテランとマイナー契約する場合に結ばれることが多く、昨オフに横浜からドジャース入りした斎藤隆投手(36)も、このスプリット契約だった。

 パ軍は巨人で173勝(141敗)している桑田の実績を考慮。5万ドル(約590万円)を契約時に支払い、メジャー昇格を果たせば今季の斎藤の50万ドル(約5900万円)を上回る65万ドル(約7670万円)を支払うことを約束したようだ。

 メジャーに昇格できなければ年俸は約590万円のまま。86年の巨人入団1年目の年俸が480万円だった桑田にとっては、ルーキー並の年俸となる。年間約5カ月のマイナーリーグでは月給1万ドル(約118万円)の計算になるが、04年には自身最高年俸3億1500万円、今季は年俸1億5000万円だけに、マイナーのままなら大幅な収入ダウンは必至だ。

 パ軍入りを表明した18日の会見で「お金だけでは買えないものがたくさんある。(大リーグ挑戦の)趣旨は野球の修行にいくわけですから」といった桑田。すでに厳しさは覚悟していた様子だ。

 マイナーなら地獄、メジャーなら天国といえる内容のスプリット契約。どちらの年俸になるかは、春季キャンプでの桑田の投球で判断される。
[PR]

  by mtack | 2006-12-21 16:49 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 居眠り防止眼鏡 13拍子の曲、出来 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE