プラハの冬

プラハの春とは無関係に、Prahaに行って参りました。
今回はクルマで、初日に途中で煙人形など眺めつつドレスデンまで行き、世界最古というWeihnachtmarkt(Xmas市場)を眺める。ここで1泊。
翌朝、一路Pragへ。出発前日に得た「ドレスデン〜プラハ間の高速道路が先週開通した」と言う情報(情報はそれしかなく、地図検索サイト等にも反映されていない)を元に、どうやらA17と言う道を探し当てる。2時間強で着く。
プラハでは橋を行き来し街並みを眺める。建物は古いがさびれた感じはなく(観光客が多いせいか)活気があった。プラハ市内の公共交通機関は主にトラム(路面電車)か地下鉄。今回は3日券は買わず(どこで売っているか分からなかった)、片道券(CZK14)と1日券(CZK80)を活用。初日と3日目は殆ど乗らなかったのでこの方が安かったかも知れない。車両はお約束通り新旧の個体差が激しい。
ジャズクラブと称する店がやたらに目に付いた、が、街中の演奏を見る限りディキシーと思われ、敢えて聴きには行かなかった。欧州でジャズというと先ずはディキシーなのかも知れない。
カネ(チェコ・コルナ (CZK))は、換算レートはユーロの1/30強、日本円の5倍弱だった、と言っても場所によって様々だが。物価はユーロ圏に比べてやや安い(観光地でなければもっと安いのだろう)。
チェコビールを飲む。Budweiser(これではなくこちら)はあまり好きではなく他の銘柄を指定。Budweiserが例外的に甘いと言うことが分かる。
料理は独逸料理と大差ないと聞いていたがそれでもメニューにウサギとか鹿とかを発見したのでウサギを試す、ガーリックソースがかかっていたがこれ無しにはちょっとキツイかも。ローストポークは非常に旨かった、量が喰いきれなかったのでdoggy bagとかmitnehmenとか(持ち帰りたいと言うこと)言ってみたが通じないので断念。
今回の旅行は寒かった、日中で0度くらい。と言っても比較の問題で、今年は欧州全域暖冬のようだから例年よりはマシだったのだろう。
[PR]

  by mtack | 2006-12-27 18:40 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 今からちょっと出かけて参りますので スキン替えてみました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE