手段の目的化、か?

発言自体には問題有りとは思いますが、

<柳沢発言問題>3割が「辞職すべきだ」自民党都道府県連 | エキサイトニュース

問題発言を詫びるだけでは審議には参加できない
審議に参加して欲しければ罷免せよ

辞めさせれば(←敢えて使役表現にしています)それでよいのかねぇ。
辞めさせるのと審議するのと、どっちが目的なんだか。

毎度のことではありますが。





<柳沢発言問題>3割が「辞職すべきだ」自民党都道府県連 [ 02月02日 23時44分 ]
毎日新聞社
 柳沢伯夫厚生労働相の「女性は産む機械」発言をめぐり、毎日新聞は1〜2日、自民党の47都道府県連の三役らにアンケート調査を実施した。約3割が厚労相を「辞職すべきだ」と答え、発言を「許されない」と答えた幹部は約7割にのぼった。全体的に厳しいトーンで、間近に迫った統一地方選や参院選への影響が「ある」との回答も5割だった。【まとめ・亀田早苗、林知生、柿沼秀行】

 「発言をどう考えるか」「責任のとり方」「統一地方選や参院選への影響」の3つの質問に三者択一で答えてもらい、理由は自由に述べてもらった。「無回答」「回答拒否」の都県を含め、全都道府県連の会長1人、幹事長39人、総務会長4人、政調会長3人に取材した。

 発言について、「許されない」の回答は32人で、「謝罪すれば許してもかまわない」は8人、「問題がない発言」は0人だった。

 「許されない」理由は、「女性軽視」(宮崎)、「人を『機械』と表現すること自体問題」(秋田)、「時代錯誤」(島根)、「厚労相として言っていい言葉ではない。トップとして許されない」(北海道)——など。

 「許してもかまわない」理由は、「すでに謝罪し、国民にも説明」(香川)など、謝罪が済んでいるとの意見が多かった。「表現が独り歩きし、ためにする議論」(兵庫)、「本人が受けた古い教育環境もある」(熊本)との意見も。

 責任の取り方では、「辞職すべきだ」は13人。「辞職すべきでない」は12人、「そもそも問題はない」は1人だった。

 選択肢を選ばない人が多く、「出処進退は自ら判断すべきだ」という旨の回答が11人。「内閣が決めること」(千葉)、「国民がどう考えるかによる」(島根)もあった。「自ら判断すべきだ」とした中でも、「厚労相としては不適格。自分の言葉に責任を」(京都)などの注文があった。

 「辞職すべきだ」理由では、「担当大臣でもあり、軽い発言は許されない」(佐賀)など、職責の重大さに触れた意見が大半。「仲間としては守ってあげたいが、党のイメージが悪くなる」(長崎)といった声もあった。

 「辞職すべきではない」理由は、「反省を政策で示すべきだ」(大阪)など、職責を果たすことで責任をとるべきだとする意見が多く、「野党は政争の具にしようとしている」(栃木)とする声も。
[PR]

  by mtack | 2007-02-04 19:18 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 生来の評論家 近頃何だかYMOが話題 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE