"欧州憲法PRに懸命 国民投票控えEU加盟国

大変そうですなあぁ。自分は住民票はあるけど「国民」じゃないので関係ないというか関わりようがないんですが。
しかしなんでまた、
「1国でも批准に失敗すれば発効しない」
なんて取り決めをしたんでしょうか、そりゃあ民主的と言えばそうですがね、素早く動けないじゃないですか。やはり過去の歴史からそうせざるを得なかったんでしょうかなぁ。
でも別の話だけど、為替市場介入なんかも全参加国が合意しないと出来ないそうで、そんなことやってたら間に合わないじゃないの。

 【ブリュッセル6日共同】25カ国に拡大した欧州連合(EU)の指針となる欧州憲法の是非を問う国民投票が、20日のスペインを皮切りに各加盟国で始まるのを前に、欧州委員会や加盟国は懸命に憲法の内容を市民にPRしている。
 憲法は加盟国の国民投票か議会決議によって批准されるが、1国でも批准に失敗すれば発効せず、EUの将来設計に大きな支障が出る。
 欧州委の最新の調査では、EU市民の90%近くが憲法について「内容をほとんど知らない」と回答、スペインでもその割合は88%に上った。調査では、憲法の内容を知っている人は批准を支持する傾向を示しており、国民投票の結果は市民の関心次第といえそうだ。 "
http://www.excite.co.jp/News/world/20050206182031/Kyodo_20050206a334010s20050206182036.html
Excite エキサイト : 国際ニュース

[PR]

  by mtack | 2005-02-06 19:34 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 独逸の警官は運転が下手 "北朝鮮、米大統領の... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE