セッションもやって参りました

こっちで眠っているギターを担いでいって、某氏に預かって貰う、と言うのも今回のミッションのひとつ。そのついでというわけでもないが、セッションにも参加。
0日目は単に見学、ただ見ているというのはある意味結構辛かった。旧知のt氏に偶然会う。
1日目は、まぁふつうのセッション。recorda-meなんて昔はよく演ってたけど、演り慣れないと難しいもんですなぁ。moritatはサックスがブローしまくりでよかった。
2日目は、プリンス演ったりモンク演ったりヘッドハンターズ演ったりジェフベック演ったり。演り慣れないと難しいもんですなぁ、「哀しみの恋人たち」とか「blue wind」とか。プリンスはthieves in the templeというHerbie Hancock New Standardsで演られていたものだが自分は全く聴いたことなく(恥)、でも演りだしたらやっぱりなんか聴いたことある、数日後思い出したのは空耳アワー「修理代、夜なべー」。そういうことだったのか(何が?)。
3日目はk氏のバンドに客演と言うか乱入。Enrico Pieranunziの曲とか、古い古い日本の曲をリハモしたものとかとか。II-Vあんまり無いし、あってもIに行かないし、演り慣れないと難しいもんですなぁ。普通のスタンダードも若干有り。
日頃のセッションだと毎回同じような曲なので(「just friends」は必須、とか)、刺激になりました。面白かった。
[PR]

  by mtack | 2007-05-05 18:08 | musik

    zum Rangordnung    

<< ホンダ低迷の原因は日本の企業文化 そんなわけで >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE