経営者の意志

"「正しい」数字を創る"と言う話の次は、「経営者の意志」という話。別に自分は好きでしてるんじゃない、今日職場でそういう話になっただけ。
曰く、「まず経営者の意志ありきで、会社の活動はそれに沿って行われるべき」。
これだけ読んだヒトは当たり前と思うかも知れん、しかしそれが会計処理とか、法律ないしそれに準ずる指針が公に示されている分野にあっては、それはちょっとどうなんだろうか。
上の発言者(この人は経営者ではない)は加えて曰く、「監査人だってカネ貰って仕事してるんだから、我々は客だ、客の言うこと聞かないで商売が出来ると思ってるのか」。カネを貰っているんだから要望するとおりに監査意見を書け、と言うわけだ。
いくら法の要請で(=自らの意志の外で)外部監査を委託しているからと言って、この言い分はどうなのか。自らのやることは全て正しいと言うことか。もうちょっと謙虚さというものはもてないのだろうか。
[PR]

  by mtack | 2005-02-09 06:59 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 「旨い」と言われて喰ったときは 有限責任 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE