ついにF1ドライバーも所得税を払うのか

F1通信:F1のスイス在住者、非課税でなくなる可能性

モータースポーツはスイス国内でスポーツとして認めていないから"無職"扱い、てとこまではともかく
だから所得税も課税しないってのは、随分のんきな国だ
、とは思ってましたが、
ついにそれも打ち破られるんでしょうか。
そうすると「F1ドライバーはスイス居住」という常識?も覆るか、或いはステイタスとして残るか。後者になれば、スイス国家丸儲けですな。



F1のスイス在住者、非課税でなくなる可能性
F1's Swiss may lose tax-free status

スイスがモータースポーツの国内禁止を解除したことから、現在同国に居住しているF1ドライバーの生活環境も影響を受けるかもしれない。

今後、国会上院でスイスのモーターレーシングの合法化が批准されれば、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルドなどを含むスイスに居住者する外国人富豪は低課税状態を失う可能性がある。

ドイツの "Express" 紙および "Bild" 紙によると、 現在、スイスではモータースポーツが禁止されているため、外国籍のレーシングドライバーは法律上「無職」と申告することができるので、税金をほとんど納めていないという。

スイスの大蔵大臣らは、このシステムの改革を話し合うためこの6ヶ月間討議をしており、ドライバーの免税はすでに疑問視されている。
[PR]

  by mtack | 2007-06-10 19:08 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 書くことがありすぎる....F... Dance of the In... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE