昨日からビータ~時差問題

昨日から今日にかけて日本に移動。
といっても直行便はないので、いったん経由地まで行ってそこから成田まで。
ということ自体は予定通りなんだが、経由地まではプロペラ機、というのは予想外だった。プロペラ機なんて初めて乗った。うるさいなーやっぱり、思ったより揺れなかったけど。
1/3日くらいの時差に逆らってのビータな訳だが、そうすると妙なことが起こる。出発前に衛星放送で、日本vs北朝鮮の結果だけ見たので、飛行機の中でゆっくり経過を見ようと思ったのだが、なんと飛行機の中では新聞にせよニュースにせよ「いよいよ明日決戦」といっている。日本のほうが時間が進んでいるのに何故?
これは察するに、進んでいるが故なのだ。日本着(言わば復路)の飛行機用の新聞とかニュースとかは日本で積み込む(注:日本の飛行機会社の場合)、つまり10日に日本に着く飛行機内の機材類は9日に日本で積まれている(往路)。したがって1日遅れてしまうわけだ。と勝手に納得する。
久々の日本は久々の「人は右、車は左」。まだ勝手がつかめない。気持ち悪い。単に自分が順応できていないだけで周りは当然何も変わっていないのだが。
[PR]

  by mtack | 2005-02-10 23:41 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 粉瘤(atheroma) 80年JeffBeck武道館かぁ.. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE