イギリス商標登録局の判断基準はwikipedia

F1通信:F1、商標権獲得ならず

この判断、「F1というのはスポーツの名前であってブランド名ではない」、と言うのに異存はない訳ですが、その際の
イギリス商標登録局の判断基準がwikipediaのコメント、と言うのが何とも。
商標登録もweb2.0時代でしょうか(違)



F1、商標権獲得ならず
Formula One bosses fail in trademark case

フォーミュラワン・グループは「F1」という略称の独占権を確保しようとしていたが、12日イギリス商標登録局がこれを却下した。

商標登録局の担当官デイヴィッド・ランドーは、マスコミ報道やオンライン百科事典のウィキペディアの証拠に基づき、一般大衆はフォーミュラワンをブランド名ではなくスポーツの種類として認識していることを確認した。

「ウィキペディアのコメントにあるように、F1はシングル・シート、オープンホイール方式の自動車レーシーングの最高クラスである。ウィキペディアの参考資料には、F1がモーターレーシングの特定の形式以外のものであることを示すようなヒントはなかった」

ランドーは、フォーミュラワン・グループがF1レースを主催する唯一の組織であるという事実は「一般大衆がF1を商標として考えることにはならない」と述べた。

「これは、単にレースの独占兼を享受していることを意味するだけである。しかしF1マシンの個人オーナーが商業ベースではなく、友好的にレースをしたら、それはF1レースではないだろう」

ランドーは、同グループの商業権部門である "Formula One Licensing BV (FOL) " の商標権登録を拒否し、登録に反対していたモーターレーシング通信社 "Racing-Live SA" を支持した。
[PR]

  by mtack | 2007-07-14 18:29 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< インディアナポリス、2008年... 私家版"we wan... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE