必ずしもフレーズを最後まで弾ききる必要はない

必ずしもフレーズを最後まで弾ききる必要はないというのはMiles Davisの名言のひとつですが、それをお題として頂いたので(自分が言ったのが降りかかってきたとも言う)、この際だから、苦手な「メカニカルな曲」を作ってみよう、と。大体はメロディは鼻歌から作るんですがね:-)。
結構強引な手法にしました;
1)先ず、コード進行を、Coltrane changeで作る(A,Bはgiant steps,C,Dはcountdown)、かつA,B,C,Dパートともそれぞれ違うキーにする(例の三角形を4通り使う)
2)これに合うLCスケールを導出
3)A,Bパートは、上記スケール上でランダムに16分音符を自動発生(Cubaseで)〜そこから使えそうな音だけ残るように削っていく
あとはまぁ普通というか、C,Dパートは普通に作って。
しかしこれ、自分で弾けるかなぁ(汗)
[PR]

  by mtack | 2007-08-27 06:11 | musik

    zum Rangordnung    

<< アップルの次の狙う市場は フェラーリ1-2,下克上は低調... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE