2曲書いたら、両方5/4+3/4

なんか週末に2曲できました。
両方書こうとは思ってたんですが。

片方は、最近出たAppleの「numbers '08」というソフトのレビュー記事にあった「たくさんの人がMicrosoft Officeを買っているが、彼らは欲しいからではなく、買わなくてはならないから買っている」というお題で(笑)という事になって、
なんか変拍子にしようとしてたら、前半5拍子、後半3拍子という曲になって、なにやらプログレ風?それがこちら;
numbers

もう一方は、某知人宅に蜘蛛の巣が張られた、というお題で(笑)
「8」絡みにしようとして考えていたら、なにやらdrummersworld.comでManu Kacheのビデオ観たり、最近読んだ本に出ていた「26は5の2乗と3の3乗とに挟まれた数だ」とか言う話が頭をよぎったり、そうこうする内にこんな風になりました、前半5拍子、後半3拍子という曲になって、なにやらアフリカ風?;
26(5^2:3^3)

双方に言えるのは、
......「こういう風にしようと思ったんじゃなかったんだがなぁ、まぁいいか」。なんせ両方とも「前半5拍子、後半3拍子」ですからね。偶然なんですよ本当に、流れに任せたらこうなったって言うだけで。
あと、たまたまですが、両方ともF Lydian(或いはそれの展開形)で出来ました。
[PR]

  by mtack | 2007-09-10 05:35 | musik

    zum Rangordnung    

<< 安倍さん、辞めるんですねぇ。 またもフェラーリ雪辱ならす、マ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE