F1日本GP@富士、ポールは黒岡村さん

FMotorsports F1: 日本GPポールポジションはハミルトン!

と言うことで、個人的には期待高まる明日の決勝。とは言え、こちら時間では朝6時半からなのよね。録画予約しなきゃ。
1〜5位は例によって前からマクラーレン、フェラーリ、BMW、ウィリアムズという今期お馴染みの布陣。
特筆すべきはホンダのバトンが7位につけたのが目に留まる。今期最高位かしら。別に地元(鈴鹿)という訳じゃないのにね。あとは9番手トロ・ロッソのベッテル(独逸語読みだとフェッテル?)、ってところでしょうか。



日本GPポールポジションはハミルトン!

終始ウェットコンディションで行われた日本GPの公式予選は、最後のアタックでマクラーレンのハミルトンがポールポジションを獲得。
5度目のポール獲得で、ドライでもウェットでも、また経験あるコースでも初体験のコースでも最速であることをこの新人は示した。

2番手もチームメイトのアロンソで、マクラーレン勢が明日の決勝レースではそろってフロントロウからスタートすることになった。
3-4番手にフェラーリのライコネンとマッサ。
5番手BMWザウバーのハイドフェルド、6番手はウィリアムズのロズベルグが獲得。
しかしロズベルグは予選前にエンジン交換しているため、明日のグリッドは10番降格ということになる。

7番手にホンダのバトン。
バトンは今季3度目の予選最終ピリオド進出だが、7番手は最上位ということになる。
(これまではいずれも10番手)
8番手ウィリアムズのウェバー、9番手トロ・ロッソのベッテル。
トロ・ロッソのトップ10グリッド獲得はもちろん今季最高ということになる。
そして10番手がBMWザウバークビサという予選結果になった。
[PR]

  by mtack | 2007-09-29 18:51 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< Manu Katché Pla... なし崩しロック >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE