アロンソ、マクラーレン離脱

F1通信:アロンソとマクラーレン「契約解消」:マクラーレン公式プレスリリース

チームのwebにも出ているし
FERNANDO ALONSO AND VODAFONE McLAREN MERCEDES AGREE TO MOVE ON - 2 November 2007
、本当に出ていくんですねぇ。
違約金が発生しないそうですが、「もうイイから早くとっとと終わりにしよう」と言うことでしょうか。
これでF1ストーブリーグは大荒れですね。
アロンソは...ルノー復帰でしょうか、それともrッドbル?
マクラーレンは....誰でしょうねぇ、rスベルグとか、若い方のフィンランド人なんて声もありますね。




2007年11月02日
アロンソとマクラーレン「契約解消」:マクラーレン公式プレスリリース
FERNANDO ALONSO AND VODAFONE McLAREN MERCEDES AGREE TO MOVE ON - 2 November 2007

フェルナンド・アロンソとマクラーレンとの会談を終え、関係を終わらせることが両者にとって最大の利益であることで同意した。

離別の方法はこれまで話し合われたことはなかった。というのも、そのような話し合いはチームとフェルナンド・アロンソの2007年ワールドチャンピオンシップのチャレンジを大きく損なう可能性があったからである。双方ともこれが正しい決断であると信じている。

フェルナンド・アロンソ
「子供の頃からマクラーレンで走りたいと思っていた。しかし人生では物事がうまく進まないときもある。僕はマクラーレンが素晴らしいチームであると信じ続ける。確かに今シーズンは山あり谷ありで、僕ら全員にとって非常にチャレンジングだった。そして、僕が居心地がよいと思わなかったことは秘密ではない。チーム内のえこ贔屓に関する噂があったり、みんなが戦いの最中にいろいろなことを言ったりしたことは知っている。しかし最終的に、僕は常に勝つために平等の機会を与えられていた。今日の決定により、僕らは全員2008年に集中することができる。今年1年間一緒に働いてきたチーム、ボーダフォン、バンコ・サンタンデル、ムチュア・マドリレーニャ、その他のチーム・パートナーの今後のご活躍を祈りたい」

ロン・デニス
「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス、特にマクラーレンのスペインのパートナーである、バンコ・サンタンデルとムチュア・マドリレーニャ、そしてチームのタイトル・パートナーであるボーダフォンは全員、フェルナンド・アロンソの今後の活躍を祈っている。彼は素晴らしいドライバーであるが、いくつかの理由によってボーダフォン・マクラーレン・メルセデスとフェルナンドはうまく行かなかった。そして最終的に我々のいずれも進むべき道を見出すことができない段階に到達していた。我々は、この離別という共同決定が最良のものであると信じている。そして2008年のワールドチャンピオンシップのチャレンジに集中することができる」

ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスは、時期が来れば既存のドライバー・ラインアップに対する追加を発表する。
[PR]

  by mtack | 2007-11-03 17:35 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< mixiの行く末はNifty-... エキサイトブログ、 アフィリエ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE