黒岡村さん、株式市場へ上場?

F1通信:ハミルトン、10億ドルの将来を確保

これは面白いですなぁ。
日本でもアイドルファンドとかあるようだから、それの変形か。

レーシングドライバーが会社の少数株式を上場し、彼自身はその会社の主要資産であり大株主として留まるというものである。
(中略)
彼がロンドンのAIM市場に上場すれば、例えば "Lewis Hmailton plc" の株式の10%を1億ドルで売却することができる。この会社の投資家らは、ハミルトンの将来の総収入から10%の配当を受け取ることになる。またこの会社は他の株式上場会社と同じように、取締役および非常勤役員から成る取締役会を組織することもできる。




ハミルトン、10億ドルの将来を確保
Hamilton to secure $1bn future

F1のスーパースター、長期スポンサーシップ契約締結へ

F1のセンセーション、ルイス・ハミルトンは、彼を世界初の10億ドルスポーツ選手にする契約を結ぼうとしている。

ハミルトンは、財務顧問らと、彼自身をロンドン株式市場に上場することも含めて、彼の所得能力を最大限にする各種の選択肢を検討していると見られている。

この革新的な方法は、レーシングドライバーが会社の少数株式を上場し、彼自身はその会社の主要資産であり大株主として留まるというものである。ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターなどを含むアメリカの花形スポーツ選手たちもこの提案を検討中である。

ハミルトンがマクラーレンから得る数百万ポンドの年俸も、認可製品や販促商品の売上に比べれば少なく見えるかもしれない。彼がロンドンのAIM市場に上場すれば、例えば "Lewis Hmailton plc" の株式の10%を1億ドルで売却することができる。この会社の投資家らは、ハミルトンの将来の総収入から10%の配当を受け取ることになる。またこの会社は他の株式上場会社と同じように、取締役および非常勤役員から成る取締役会を組織することもできる。

上場を目指すことにより、ドライバーは巨額の資金を獲得することで、キャリアの最初から将来の経済状況を守ることができる。この計画は、怪我でレーシングを早期引退した場合の財政的損失を抑制することができるので、ハミルトンにとっては魅力的だろう。

ハミルトンのキャリアと所得能力は、父親のアンソニー・ハミルトンによって慎重に管理されている。アンソニーはルイスが子供の頃、息子がカート・ドライバーとして進歩するために複数のアルバイトをしていた。ルイス側は現在交渉中で、今後数ヶ月以内に6桁に達する長期契約を結ぶものと見られている。

今月上旬、ハミルトンは英国を離れ、匿名の存在として、街中で取り囲まれることなく暮らせるスイスに移住すると発表した。この移住は年間4,000万ドルの節税になると見られている。
[PR]

  by mtack | 2007-11-11 19:18 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< すべての楽器メーカーが買収され... キーボードのみでネットサーフィン! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE