2050年には91億人に

いまは65億人なんですか、へぇ〜。それって、ちゃんと数えられてるのかなぁ、印度とか中国とか。
でもやっぱり、少子化とか言ってる国がある一方では、人口が増える国もあるんですなぁ。そのころ(45年後)にはアフリカとか中東とかが稼ぎ頭?になってるんですかねぇ。

 【ニューヨーク24日共同】国連経済社会局は24日、世界の人口が45年後の2050年には、開発途上国での急増などで、現在の約65億人から約26億人増えて約91億人になり、寿命の延びとともに高齢化が進むとした人口推計を発表した。
 途上国のうち、コンゴ民主共和国やブルンジ、チャドなどのアフリカ諸国、アフガニスタンや東ティモールなどでは人口が最低でも約3倍増となり、反対に日本やドイツ、イタリアなどは現在より減少すると予測した。
 世界人口は、2000年から5年間で約3億8000万人増加。今後は特に開発途上国での伸びが著しく現在の53億人が今後45年間で約78億人に増加し、逆に先進国ではほとんど変わらず約12億人で推移すると予測した。
 出生率は現在の女性1人当たり2・6人から50年には2人に低下するとし、現在の出生率のままなら同年の人口は106億人になるとしている。Excite エキサイト : 国際ニュース

[PR]

  by mtack | 2005-02-25 06:58 | tagebuch

    zum Rangordnung    

<< 取り敢えず3ヶ月 強みを見つける >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE