自分の練習方法

よそに書いたものですが転載してしまいます。文責:自分。
自分の練習方法をいくつか思いつくままに。

1)裏拍で歩く。
1,2,1,2,で歩くのではなく。
倍テンにして、2,4,2,4で着地、1,3,の時は足が浮いている、という感じで(裏拍で着地する感じを意識して)歩く。
これの前段階として、1,3,を右足で着地、2,4,を左足で着地。当たり前なのですが、2,4,に意識を集中する、ハイハットを踏むつもりで。これをやると、「裏返る」ことが減っていく。
これらに飽きたら、2拍3連で歩くとか、バリエーションを自分でどんどん作る。

2)リニアスケール以外のメカニカルトレーニングを導入する。
リニアにスケールを弾くだけではなく、色々バリエーションを作る:
例a)ドレミファソラシドを、例えばドレミファ レミファソ ミファソラ ファソラシ .....などとやる。いわゆる「高中正義フレーズ」ですな(古っ)。あとは音列を逆にするとか(ドシラソ シラソファ ラソファ ソファミレ.......とか、ソラシド ファソラシ ミファソラレミファソ..........とか)
例b)上記をアルペジオ(コード分解フレーズ)にする。3和音でも4和音でも可。特にミクソリディアンとかは実用価値大(7thの時に使いやすい)。ソラシドレミファソ(G Mixo-Lydian)を、ソシレファ ラドミソ シレファラ ドミソシ......とか。

3)ランダムな音列を弾く練習をする。
 この場合、ランダムなほど良しとする。トーナルにするか否かは事前に決める、決めたら守る。トーナルでもノントーナルでも効果大。ただしリズム(テンポ)はキープした方が効果的みたい。
これが高じるとターゲットポイントメソッド(メセニーが言ってるヤツ)になる、のかな?

4)簡単なフレーズでもよいから、「とにかく原曲(CDなど)に合わせる」。原曲に合わせて弾き、そのパートが聞こえなくなる(=完全に合う、特にリズム面)までやる。このとき、自分の好きなor目指すビート/グルーブに合わせてやるのが重要(なんでも出来るに越したことはないが、まずは自分の好きなor 目指すビート/グルーブが出来るようにする)。
[PR]

  by mtack | 2005-02-25 08:30 | musik

    zum Rangordnung    

<< “結果が原因を創る” 取り敢えず3ヶ月 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE