ギザ格好佳す!

完全に今さらなんですが、今日クルマの中で聴いててひっくり返りました。
これ
ウッドストック: ジミ・ヘンドリックス

の、「fire」、0'50"のトリル、E音とF#音(実音換算)。
何これ!? 何、この絶妙な間(ま)?
しかもこれ、開放じゃないでしょ(半音下げなら、だけど)?有り得ん、この音&ポジションの選び,さらに間(ま)。
ジミヘンってさぁ、周りはハチャメチャなのに本人が(特に歌)やけに余裕ブッコいてるところが格好良かったりすると思うんですが、これなんかそれの典型ね。

これ、演りたいなぁ。2管とかでね、木1金1で。あとはギタートリオと、オルガンも佳いな。

でもこれの直前に聴いた「maps/大村憲司」も佳いなあ、これも演りたいかな。イントロのシンセのポルタメントのところで管がブギャーとか言う感じで。
[PR]

  by mtack | 2008-04-19 06:13 | musik

    zum Rangordnung    

<< 究極の会計/Extreme A... 3+4+5拍子 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE