スケッチショウ+坂本龍一=Human Audio Sponge

諸事情により漸く今日観ました、TVで。
聴いた感じよりは遙かに肉体的(人間が演奏しているという意味)な音楽でしたが、反面、「漸くコンピュータのごきげんを取らずに音楽のことだけ考えればいいようになった」「YMOなんてただのロックバンドだった」ってのがなるほどですな。
中盤にさりげなく折り込まれた「liot in Lagos」、しかも原曲に激似、但しギターは生演奏by小山田圭吾。25年経った今、やっと原曲通りにライブで出来るようになったってことですか?思わず声を上げてしまいましたよ。
細野さんは当日買ってきたんじゃないかと思うような真新しいムスタングベース、+PowerBook(なお教授もPowerbook+鍵盤)。この人は楽器を選ばないというか何弾いてもこの人の音がしますね。でもオモチャっぽくて格好いいじゃない、どうですかベーシスト諸氏?(自分はムスタングが欲しかったりするんですが)
[PR]

  by mtack | 2005-03-03 06:38 | musik

    zum Rangordnung    

<< 仮説:賞与 neither flat no... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE