<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

    zum Rangordnung    

F1の主役は?

Nifty F1-06: 2008年からトラクション・コントロール禁止へ

「マシンのスピンの防止、スロットルに対するドライバーの過度の要求を補正することを目的としたシステムや装置を装備することを禁止する」
「ホイールスピンの発生をドライバーに知らせる全ての装置やシステムを禁止する」

とのこと。要はタイヤが滑ったらドライバーがじぶんでコントロールしろ、と。趣旨は分かります。概ね歓迎されている様だし。

気になったのは、元記事の次の1文。
これまで最新技術の先端を走ってきたF1だが、ここに来て目的を本来のドライバーズ・チャンピオンシップへと軌道修正したものといえそうだ。

そうだったのか、と言うかそういうことをすっかり忘れていた。
マシンが主役と思っていた。先端技術開発がF1のレゾンテートルだと思っていた。
考えてみれば「スポーツ」である上、主役は人であるべき、と言うことか。そうすると、コンストラクター(特に非メーカー系)は何のためにF1に参戦するのだろうか。
普通の(人と道具だけで行う)スポーツはどうか。主役が人(競技者)である点は疑うべくもない。かたや道具の開発は、そのメーカーに技術開発をもたらし、ひいてはそれが新製品に活用され得る、と言う点で道具メーカーも十分に動機付けられると言えよう。人と道具の双方にwin-winである。
例えば競馬とかはどうなるのだろう、歴史に名を残すのは馬ではないのか(騎手が名を残す場合もあろうが)。尤も競走馬はその飼育・訓練がビジネスたり得るし、騎手は収入を得られる。これも両者とも動機付けられ得ると言えよう。
F1の場合、高額収入を得るのは専らドライバーではないのか。チームが優勝したからといって特別手当が出るとか即ちF1チームスタッフ(監督とかデザイナーとかは除く)の処遇が成果主義であるなんて言うのは聞いたことがない(誰も報道しないからかも知れないが)。かといってチーム成績が悪いと買収されたり下手をすると消滅してしまう、就職先としては極めてリスキーである。彼らは何に動機付けられているのか?純粋に「好きなことを職業にする」事が彼らの動機なのか?
.......何が言いたいのか分からなくなってきたのでこの辺でやめますorz

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-31 17:19 | tagebuch

    zum Rangordnung    

植木等氏の逝去を悼み

日本一の無責任男★植木等度チェック

>貴方は 28% です。
(中略)
>植木等というより、フーテンの寅さんタイプです

ふ〜む、中途半端な結果だなぁ。
喜んでいいんだかどうなんだか。
「植木のバンドが演奏していると、進駐軍として日本に滞在していたハンプトン・ホースがピアニストとして飛び入りで演奏に参加してきた」とかいうイカした境遇までは、じぶんはまだまだですかな。

余談:
バカボンのパパの誕生日「クリスマスのお正月なのだ」は、
植木等の誕生日1926年12月25日(昭和元年の最初の日=クリスマス)が由来
と言う説有り。

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-28 05:17 | tagebuch

    zum Rangordnung    

ナイトレースに秘策あり......

Nifty F1-06: オーストラリアGPナイトレースに秘策あり
例えば『バルーンライト』というものを使えば、大きなコストを掛けることなく夜間のグランプリ開催が可能になるとしている。


いよいよ地球に優しく無くなる様に思えるのはじぶんだけ?

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-24 18:16 | tagebuch

    zum Rangordnung    

アウトバーンに制限時速を設定すべきか

ドイツの高速道路に制限時速は必要か? | エキサイトニュース

実際、怖いですからね、横を200km/h超(だと思う)ですり抜けて行かれると。大体はBの付くクルマ(2社)な訳ですが。
意外に道幅狭いし。オマケに夜は真っ暗な(照明がない)ところも多いし、そういうところに限って速度無制限だし。
ヤだと思ってる人が多いというのは頷けます。

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-19 07:11 | tagebuch

    zum Rangordnung    

こういうページはとっとと撤去して欲しい

ベルリンの天気 - livedoor 天気情報

いま独逸の気温が30度越えるわけ無いって。
ワールドカップ中だけ手動で更新してたんですかね。
気温が更新されるならずっとあってもいいけど。
[PR]

  by mtack | 2007-03-19 01:58 | tagebuch

    zum Rangordnung    

今年のホンダ、かなりヤバそう?/ F1オーストラリアGP

Nifty F1-06: ホンダ オーストラリアGP決勝レースニュース

中継はまぁ観られなかったんですけどね。webで結果を見る限り、HONDA的にはかなり悲惨だったみたいですねぇ。何と言ってもスーパーアグリに負けたのはいかがなものか。19000回転に押さえてるのが不利に働いてる?ったって、それはSAF1も同じな訳で。地球に優しくするために遅くなりましたじゃ何のためにレースやってるかワカラン。
かたや、フェラーリとマクラーレンは順調な仕上がりな様で。ルイスハミルトンって何者か知らんけどいきなり3位はすごいんでないの? BMW,ルノー、ウィリアムス、トヨタもまぁ及第点なのかな。クビサはリタイヤな様ですがそれまではどうだったか気になるところではある。あれ、レッドブルは?

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-19 00:05 | tagebuch

    zum Rangordnung    

桜金造さん都知事選出馬へ

<都知事選>タレントの桜金造さん出馬へ | エキサイトニュース

......いくら何でも、それは投票したくない。
東国原氏と違って、動機が発作的みたいだし。

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-18 04:38 | tagebuch

    zum Rangordnung    

琢磨10位、しかもHondaの前!/F1オーストラリアGP

Nifty F1-06: S・アグリ、オーストラリアGP公式予選ニュース

琢磨10位(Q3進出)、デビッドソン11位。それだけでも吃驚ですが、
10位 Takuma Sato Super Aguri-Honda
11位 Anthony Davidson     Super Aguri-Honda
14位 Jenson Button     Honda
17位 Rubens Barrichello     Honda

スーパーアグリに負けてますね、本家。本戦はメルボルン豪雪の予感?(笑)
しかし、そのほかはPPキミ、2位アロンソ、5位クビサ、6位フィジケラ、12位ニコ、ま、こんなもんかなぁ。特にフィジケラはいつもとほぼ同じ(笑)。ぁ、マッサは随分後ろだなぁ。

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-18 03:58 | tagebuch

    zum Rangordnung    

やっと来ました:JEFF BECK – OFFICIAL BOOTLEG USA ‘O6 - CD

欲しいー!:JEFF BECK / OFFICIAL BOOTLEG USA '06と思い始めてから1月半、発注してから丸1ヶ月、
c0018836_6131356.jpg

やっと届きましたよ、「JEFF BECK – OFFICIAL BOOTLEG USA ‘O6 - CD」。
噂に違わず、恐るべき薄っぺらな装丁。それはともかく、
内容は、......佳いですね、Pino Palladino。、と冷静に言ってしまうのも、Vinnie Colaiutaとの相性はイマイチなのかなぁだから日本ツアーの評判もイマイチだったのかなぁ、なんて。実は恐るべしRandy-Hope Taylor?
、あと、Big Blockはやっぱボジオの方が佳いかも、自分あまりボジオ好きじゃないんだけど。
ま、まだ地味な曲しか聴いてないし(ランダムに聴いたので)、よくよく味わおうと思ってますが。やはり生の迫力には勝てんと言うことかなぁ、当たり前だけど。
いまなら(3/12時点)Jeff Beck - Official Store: Music Departmentで入手可能なので、未入手の方は是非。

Tracks featured are:
[PR]

  by mtack | 2007-03-12 06:19 | musik

    zum Rangordnung    

ホンダはいかに「dream」を売るか、或いは「the power of dream」はF1を制するか

F1通信:ホンダF1「アースカー」:The Power of Dreams? by Pitpass

この文章はなかなか読みでがありました、面白かったです。
佐藤琢磨がインサイトに乗ってたって言うのは知らなかった。

More
[PR]

  by mtack | 2007-03-09 04:36 | tagebuch

    zum Rangordnung    

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE