<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

    zum Rangordnung    

1976年と1977年の富士にはひどい思い出がある

F1通信:1976年と1977年の富士にはひどい思い出がある by ダニエレ・オーデット

1976年に富士で行われた日本初のF1、奇しくも今回と同じく雨の中でマクラーレンが勝った訳ですが、
全員がリタイヤすることで同意した。ドライバーはこの取引に乗り気ではなかったが、スタート後数周してからリタイヤすることになっていた。

しかしハントは、マクラーレンのボス(テディ・メイヤー)の『フェラーリを騙せ、リタイヤするな』という命令を聞いたんだ

イヤな話ですなぁ。
F1って、こういうダーティなイメージを昔から払拭できないで居るのが、イマイチ儲からない(収益性が悪い)原因なんではないんですかね。


1976 F1 inJapan

More
[PR]

  by mtack | 2007-09-30 21:10 | tagebuch

    zum Rangordnung    

1976の再来?雨のF1日本GP

FMotorsports F1: 日本GPウィナーはハミルトン!

最初20周弱はペースカー先導、やっとレースが始まったかと思ったら激しいレースになりましたね、TVで観ているだけでヘトヘトになりました(実際に行った方は大変なことになってたようですが)。
黒岡村さんは危なげなくポール・トゥ・ウィン、やはり見所はフェラーリ2台の鬼の追い上げだったかと。特に最後3周くらいのコバライネンとライコネンのバトル、最終周のマッサとクビサのバトルと言ったら。
しかしVettel氏、3位にいたのに接触でリタイヤ、あれは泣くわな。
日本勢は例によって;地元にも関わらず良いところ無し、山本左近が12位に入ったのが殊勲と言えば殊勲かな。

More
[PR]

  by mtack | 2007-09-30 20:30 | tagebuch

    zum Rangordnung    

Manu Katché Playground を観た

Manu KatcheがECMから「Playground」なる新譜を出して、且つおらが街に来るというので、いそいそと行って参りました。場所は例によってココFabrik
考えてみたら、過去にじぶんはマヌ・カチェをフェイヴァリットドラマーとして挙げておきながら、観たことはなかったんですね(汗)。
メンバーはその新譜と同じ、
 Manu Katché ds,composition
 Mathias Eick tp
 Trygve Seim ts,ss
 Marcin Wasilewski p
 Slawomir Kurkiewicz b
えーすいません、誰も知りません(汗)。さる記事にはこのp,bとは5年間トリオを演ってるなんて書いてありますね。
300人くらい?の店で、どうせ全席自由だし、今回は予約せずに行ったんですが、何と前から2列目がぽっかりと空いていて、まぁそれは柱の陰だからだったんですが、そこに陣取りまして。この店はあまりPA拡声しないので、生音を楽しむというアプローチで。
内容はねぇ、良かったですよ、曲想は色々なんですが、マヌの良さがよく出ていて。大爆発有り、繊細なブラシワーク有り、ハイハットとライドを1つのパターンに盛り込む(つまり4分音符毎に交互に叩く)のもあり。あと、クラッシュを裏から叩くのも初めて観ました。
というかそんな技術論より、とにかく、グルーヴしまくりですよ。
あと2管とも、音が太かった。ssはカーヴドなんですが、その方が直管より音が太いんでしょうか(無知)?、音程も良いし。ユニゾンなんかスゴイ綺麗。
、で、どの曲も、全部Manu Katchéの作曲なんだろうけど、
ドラムが無茶苦茶やっても大丈夫なように?メロディーの譜割りはシンプル(笑)。つまりいかにもドラマーな変拍子とかドラムソロ用スペースとかは無し。ぁ、ドラムソロは1回あったか。
1時間半ほど演って終演、静かめな曲でアンコール。で店内明るくなってBGMも鳴り始めるも客席治まらず、再度アンコールW。
帰り際、件のCD(及びヤン・ガルバレクなんかと演った前作)を売ってまして、商略にまんまと引っかかって、売り切れ寸前のところを買って参りました。
c0018836_039974.jpg
c0018836_0401239.jpg


More
[PR]

  by mtack | 2007-09-29 19:30 | musik

    zum Rangordnung    

F1日本GP@富士、ポールは黒岡村さん

FMotorsports F1: 日本GPポールポジションはハミルトン!

と言うことで、個人的には期待高まる明日の決勝。とは言え、こちら時間では朝6時半からなのよね。録画予約しなきゃ。
1〜5位は例によって前からマクラーレン、フェラーリ、BMW、ウィリアムズという今期お馴染みの布陣。
特筆すべきはホンダのバトンが7位につけたのが目に留まる。今期最高位かしら。別に地元(鈴鹿)という訳じゃないのにね。あとは9番手トロ・ロッソのベッテル(独逸語読みだとフェッテル?)、ってところでしょうか。

More
[PR]

  by mtack | 2007-09-29 18:51 | tagebuch

    zum Rangordnung    

なし崩しロック

「なし崩しロック」と言うお題をまた頂いたので
作りました、「one after another / なし崩し」

なんとなくヘヴィメタっぽくしたかったので、
全部パワーコード(ルート+5度のみ)なのが特徴ですが、
.......何か、どっちかって言うと
アニソンとかゲーム音楽とかみたい?
[PR]

  by mtack | 2007-09-24 06:21 | musik

    zum Rangordnung    

そして来週末はキムタクvsF1

そして来週末は日本GPなわけですが、
キムタクがF1日本GPの興奮伝える | エキサイトニュース
んだそうです。へー。
一応走ったことあるんですね、富士SW。ならば従来の評判悪いゲスト(見たことないんですが)よりは良いんでは?

More
[PR]

  by mtack | 2007-09-17 18:20 | tagebuch

    zum Rangordnung    

久々のベルギーはフェラーリ完全勝利

ライコネン快勝、今季4勝目 F1のベルギーGP決勝 | エキサイトニュース

第14戦ベルギーGP決勝 佐藤琢磨15位優勝はライコネン

マクラーレン-メルセデスに対して、2007年シーズンのコンストラクターズ・チャンピオンシップ・ポイントを剥奪し、記録的な1億ドルの罰金を科すことを決定した。
ということもあり、マクラーレンは盛り上がっていなかったのかしら? まぁ3-4位に付けはしましたが。最近黒岡村さんパッとしないなぁ。
とにかく予選も決勝もフェラーリの1-2、完全勝利。
BMWはコンストラクターズ2位になってしまいましたねぇ。完走多いですしね。
しかしこのコースは1週が長いこともあって、観ていて楽しいですね(TVでですが)。
全体としては単調でしたが、でも下位のほうではいろいろバトルが見られてよかったですよ、琢磨がバトン抜いたりね。あとはスーティルが今日の象印賞でしょうやはり。

More
[PR]

  by mtack | 2007-09-17 18:13 | tagebuch

    zum Rangordnung    

The Policeを観た!!

昨日、観て来ましたよ。

いわゆるサッカー場なんで、準野外。ちょっと肌寒かったです。ただ、その分音がこもらないで良かったかな。というか、
全員、スゲー音よい。
スティングは最近良く使ってるテレキャスターベース、
アンディ・サマーズは懐かしの赤ストラトと例のサンバーストのテレキャスターカスタム。レプリカっぽかったですけどね。
そして問題(?)のスチュワート・コープランドは、現役当時のセットほぼそのままじゃなかったかな。銅鑼も回るシンバルも鉄琴も、もちろんオクタパンも有。
これだけなんと言うか音楽的意義のある「再結成」は初めて観ました。あのままポリスが20年経過するとこうなる、みたいな。
全員オリジナルメンバーだし、演奏上手いし、曲は基本は昔のまま演るんですが、でも所々新しいアイディアが。曲によっては結構即興性高い。
あと、全員演奏に余裕がある。もう皆さん夫々やりたいことやってその後だからがっついてないのかしら。所々シーケンスもあったようですが、まぁそれはシンクロニシティーのツアーでもそうだったしご愛嬌って事で。ちなみに「見つめていたい」は純生3人でした。
ライティングとスクリーンもカッコよかったです。アンコール待ちのとき、「ゴースト・イン・ザ・マシーン」のジャケットの数字(?)が無数にカウントアップされる画は感動しましたよ。
・・・・・かなり乱文ですね、あとで書き直そうかな(汗)

とにかく、これは観るべきです。
詳細はこちらをどうぞ、よろしければぜひ。
c0018836_042883.jpg
c0018836_0425427.jpg


セットリストはこちら(不完全です、汗)
[PR]

  by mtack | 2007-09-12 18:33 | musik

    zum Rangordnung    

安倍さん、辞めるんですねぇ。

<安倍首相辞意>与野党とも「全く無責任」と強い批判 | エキサイトニュース

突然なんで驚きました。

何がやりたかったんだか良くわかりませんでしたが、
例の残業禁止法(正確な名前失念)は経団連を支持基盤にしたかのかな、なんて。
しかし、辞めたら辞めたで無責任とは、野党の方々はどうせいっちゅーんでしょうか。

More
[PR]

  by mtack | 2007-09-12 18:01 | tagebuch

    zum Rangordnung    

2曲書いたら、両方5/4+3/4

なんか週末に2曲できました。
両方書こうとは思ってたんですが。

片方は、最近出たAppleの「numbers '08」というソフトのレビュー記事にあった「たくさんの人がMicrosoft Officeを買っているが、彼らは欲しいからではなく、買わなくてはならないから買っている」というお題で(笑)という事になって、
なんか変拍子にしようとしてたら、前半5拍子、後半3拍子という曲になって、なにやらプログレ風?それがこちら;
numbers

もう一方は、某知人宅に蜘蛛の巣が張られた、というお題で(笑)
「8」絡みにしようとして考えていたら、なにやらdrummersworld.comでManu Kacheのビデオ観たり、最近読んだ本に出ていた「26は5の2乗と3の3乗とに挟まれた数だ」とか言う話が頭をよぎったり、そうこうする内にこんな風になりました、前半5拍子、後半3拍子という曲になって、なにやらアフリカ風?;
26(5^2:3^3)

双方に言えるのは、
......「こういう風にしようと思ったんじゃなかったんだがなぁ、まぁいいか」。なんせ両方とも「前半5拍子、後半3拍子」ですからね。偶然なんですよ本当に、流れに任せたらこうなったって言うだけで。
あと、たまたまですが、両方ともF Lydian(或いはそれの展開形)で出来ました。
[PR]

  by mtack | 2007-09-10 05:35 | musik

    zum Rangordnung    

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE