タグ:Theorie ( 59 ) タグの人気記事

 

    zum Rangordnung    

長3度進行の件、若しくはImaj7とII7の互換性についてなど

いわゆるコルトレーンチェンジの話ですが。

某筋からの情報:
1)
C (→ 長3度下 →)Ab (→ 長3度下 →) E
が基本。コレに各々のV7を挟んで
C → Eb7 → Ab → B7 → E (→ G7) 。
2)
冒頭のC (Imaj)はD7(II7)と置き換え可能。

この2)の意味がわからなかったんですよね。ImajとII7が互換可能ってどういう事かと。
…スケールに置き換えたらアッサリ分かりました、両方 C Lydian (若しくはC Lydian と D Mixo-Lydian、双方同じ構成音)ということでした。

そうすると、EbはF7に変えても良いわけで、
「コルトレーンの陰謀」と名高い? (それはSummertimeだっけ?)But Not For Me は
オリジナルは
Eb |Fm7 Bb7|Eb |Gm7 C7|
(または F7 |Fm7 Bb7|Eb |Gm7 C7|)←この時点で既に2)が適用されている
ですが、1)を適用すると
Eb-F#7|B-D7|G-Bb7|Eb-C7|
(または  F7-F#7|B-D7|G-Bb7|Eb-C7| )
ということでしょうか?
…この進行って、元のメロディに結構フィットするんですよね。それでこの選曲だったのかしら。

それで、
Eb-F#7|B-D7|G-Bb7|Eb-C7|
のそれぞれにスケール充てると
Eb - E|B - C|G- Ab | Eb -Bb| の各Lydian と処理できるわけですね。若しくは
Eb Ld - Bb Ld+ |B Ld - F# Ld+ |G Ld - E Ld+ | Eb Ld - E Ld+| とかね。
[PR]

  by mtack | 2011-04-17 11:24 | musik

    zum Rangordnung    

4小節ごとに転調

この年の瀬になんですが、
4小節ごとに転調する曲ができました。
under-sash

 LCCスケールが半音づつ上がっていく(17〜24小節だけはL.Augmentで、ほかは普通のLydian)んですね。珍しくコードを先に作りました。
BandInABoxで作ってるのはいつものことなんですが、バージョンアップしまして、RealTracksというのを使えるようになったので、今回はGarageBand経由せずに直接BIABからオーディオ出力してみました(今回はリアル音源はds+bだけですが)。
[PR]

  by mtack | 2009-12-26 22:33 | musik

    zum Rangordnung    

Jazz composer George Russell has died.

The Associated Press: Obituaries in the news



George Russell

BOSTON (AP) — Jazz composer George Russell, a MacArthur fellow whose theories influenced the modal music of Miles Davis and John Coltrane, has died.

His publicist says Russell, who taught at the New England Conservatory, died Monday in Boston at age 86 of complications from Alzheimer's.

Russell was born in Cincinnati in 1923 and attended Wilberforce University. He played drums in Benny Carter's band and later wrote "Cubano Be/Cubano Bop" for Dizzy Gillespie's orchestra. It premiered at Carnegie Hall in 1947 and was the first fusion of Afro-Cuban rhythms with jazz.

Russell developed the Lydian concept in 1953. It's credited as the first theoretical contribution from jazz.

(This version CORRECTS that Russell played in Benny Carter's band.)

Copyright © 2009 The Associated Press. All rights reserved.


...!
[PR]

  by mtack | 2009-07-28 23:52 | musik

    zum Rangordnung    

超サンド店長で新曲3/4&4/4

じゃなくて、長三度転調で新曲。
先日あるバンドにインスパイアされたので、それの返歌、ということで。
aver
例によって、最初の4小節くらいを作って。
AABAはやめようと思ったので、じゃぁ4小節ずつ長三度転調で12小節、と思ったけどそれには収まりが悪かったので、あとは成り行き。
譜面にしてみたら三拍子で最後のパートだけ四拍子でした。こういうのって打ち込むの面倒い、と思いつつ日曜の半日を費やして。
なお、楽器の編成には他意はありません。打ち込みでお手軽に使える音色って言うとフルートになりがちなんですよあっしの場合。エコーかかり過ぎなんだけど、PCのスピーカから聴く分にはこのくらいの方が良いかと。

あと、ちょっとリズムが意図せず変なんですが、そこはご愛嬌ってことで(マテ

ここでも(多分)聴けます;
http://www.myspace.com/kiefermtack
http://www.lastfm.jp/label/mtack
[PR]

  by mtack | 2009-06-15 23:20 | musik

    zum Rangordnung    

久々にMiles Davisの晩年のビデオを見たんですが

ケニー・ギャレットは、Emの時に
F Lydianとか
G# Lydian Augmentとか
を充てているような気がした。
どういう解釈か分からんけど。いや、前者はワカランでもないな、問題は後者。でもそうするとあんな感じになるのよねちょっと。ひょっとしたらEmをE7#9と見なしてるのかも?
[PR]

  by mtack | 2008-02-25 06:48 | musik

    zum Rangordnung    

必ずしもフレーズを最後まで弾ききる必要はない

必ずしもフレーズを最後まで弾ききる必要はないというのはMiles Davisの名言のひとつですが、それをお題として頂いたので(自分が言ったのが降りかかってきたとも言う)、この際だから、苦手な「メカニカルな曲」を作ってみよう、と。大体はメロディは鼻歌から作るんですがね:-)。
結構強引な手法にしました;
1)先ず、コード進行を、Coltrane changeで作る(A,Bはgiant steps,C,Dはcountdown)、かつA,B,C,Dパートともそれぞれ違うキーにする(例の三角形を4通り使う)
2)これに合うLCスケールを導出
3)A,Bパートは、上記スケール上でランダムに16分音符を自動発生(Cubaseで)〜そこから使えそうな音だけ残るように削っていく
あとはまぁ普通というか、C,Dパートは普通に作って。
しかしこれ、自分で弾けるかなぁ(汗)
[PR]

  by mtack | 2007-08-27 06:11 | musik

    zum Rangordnung    

コルトレーンチェンジ化

コルトレーンチェンジ化

説明として簡潔なので、備忘録として。
これにLyd+かませれば、割と実用的にアウトできそう?

More
[PR]

  by mtack | 2007-08-25 16:54 | musik

    zum Rangordnung    

12月3日の曲

コルトレーンの曲で26-2と言うのがありましたが、あれは2月26日に書いたとか。
それにあやかって、ではないんですが、「今日何日だっけ?」「12月3日」なんてやってたらこの曲が出来ました↓。
Prototypanlage von der Kiefer:
3-12 (or 20061203) 3Dec2006

よく聴いたらその由来が分かるかも知れないし分からないかも知れないし。
それとは直接関係なく、これもLCC手法使ってます。Ebの3種類の音階で書いてます。従って?、1コーラス12小節ではあるけどブルース形式ではないです。
[PR]

  by mtack | 2006-12-04 06:12 | musik

    zum Rangordnung    

すけーるって

バークレーは長音階・短音階(ionian & Aerorian)、harm-min(hmp5),mel-min(altered/ superlocrian)を並べ替えて
LCCはLydian某(#4を持つのが要件)を並べ替えて

根は似てるかも。ただしLCCはコード「進行」は前提にしない。

といって、「長音階だけでアドリブできる!」って言っても、なかなか受け入れられない、相手の耳がavoidが気になる程度に良いとorz

初めての即興、って、どうやって教えようかねぇ。「いいからとにかくやってみろ!」っつってもなかなか踏み出せないみたいだし(自分はヘーキで無茶苦茶やってたが)、スケール名並べ立てると余計ひるむしねぇ。
[PR]

  by mtack | 2006-11-16 16:41 | musik

    zum Rangordnung    

FのブルースにDbペンタトニック

先週末の練習cool struttin'を演ったんですがね、
そのときはg,b,dsのみだったんでソロは勝手にやれたんで、色々試してみました、その中のひとつ、
F7時にDbペンタトニックを試してみたんですが。
あとで思い出したんですがこれは前に書いたことがあったんだった。
G#/Ab;G#,A#,B#,D#,E#(Ab,Bb,C,Eb,F)+5(b13),b7,p1,m3(+9),p4 C7に適用可とのご指摘あり。やはりAug風味ですかね。

ちょっと変化付けにイイ感じ。
ついでに言えばBb7時にもブルースペンタトニックとして問題ないし、C7にもC7b9的に行けるんで、結果的に1コーラスこれでまるまる行ける訳ですね。あまりしつこくやるのはどうかと思いますが。
以上自分用のメモでした。
[PR]

  by mtack | 2006-11-11 20:44 | musik

    zum Rangordnung    

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE